2014年06月14日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、川崎競輪「花月園メモリアル」(GV)の最終日12R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

号砲でD早坂秀悟が飛び出し、内枠2車を抑えてSを決める。周回中の位置取りは、東日本2車−ライン3番手のE原真司−近畿・中部3車−神奈川3車の順。レースが動いたのは赤板HS(残り2周)。F松谷秀幸が踏み上げ、正攻法の早坂を押さえる。ジャン前BKで松谷がハナに立つと、これを追走していたC中村一将も踏み込み、叩き先行に入る。しかしこの際に、ライン3番手のH有賀高士が離れ、はまった松谷が3番手を確保する。この前団のもつれを見て、早坂が捲り返しに出るも、中団5番手位置までで脚色が一杯になる。そして最終2角過ぎから松谷が捲って出ると、最終4角で中村を捉え先頭で直線へ。最後は松谷マークの@松坂英司が交わし、通算200勝でGV初優勝となるVゴールを駆け抜ける。2着には松谷が粘り、3着にはライン3番手のG大塚玲が続き、神奈川3車上位独占を決めました。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 560円
 3連単 @→F→G 1400円

松谷の積極掛けを活かした松坂が、悲願のGV初優勝を決めました。マーク選手でも、競りや飛び付きといった激しさより、マークの上手さが目立つ、「いぶし銀」で玄人好みの選手というイメージです。しかも、もっと勝っているように思っていましたが、これが通算200勝。さらに昨年の「花月園メモリアル」決勝で後塵を拝した、松谷を交わしてのV。節目の勝利を、いろんな思い入れのあるレースで飾ることができて良かったですね。中2日で高松宮記念杯競輪に臨みますが、この勢いをGTレースにぶつけて、上位進出を期待したいものです。
2着に終わり、「花月園メモリアル」連覇は叶わなかった松谷ですが、レース内容は決して悪くありませんでした。主導権こそ中村に奪われましたが、前々踏んでいたからこその3番手確保。そして早坂の捲り返しに併せて発進も、好スピードでした。松谷も中2日でのGT参戦。こちらも上位進出を期待しましょう。

さて今週は、明日の「高松宮記念杯競輪」最終日11R・決勝戦の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
またいつもお願いしておりますが、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、遠慮なくどしどし書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99245685

この記事へのトラックバック