2014年05月17日

5/18 「全プロ記念競輪」 11R「スーパープロピストレーサー賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(18日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、全プロ記念競輪(FU)の最終日11R「スーパープロピストレーサー賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●全プロ記念競輪FU・最終日

《第11R S級「スーパープロピストレーサー賞」》

本線 穴
◎   1 金子貴志(愛知)
▲ ○ 2 脇本雄太(福井)
  ☆ 3 小倉竜二(徳島)
× ◎ 4 東口善朋(和歌)
○   5 浅井康太(三重)
    6 神山拓弥(栃木)
  × 7 伊藤保文(京都)
    8 志智俊夫(岐阜)
☆ ▲ 9 岩津裕介(岡山)

並び ←A47 6 93 D@8
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

SS班コンビが優勢だが、先行日本一男が立ちはだかる。混戦になれば一波乱も。
並びはほぼ想定通りだったが、中部はD浅井が「前回りで」を選択。近畿は、今日と同様、C東口が「伊藤さんの了解を得たので、脇本くんへ」。瀬戸内はH岩津が「自力自在で、何かやる」、そして関東単騎のE神山が「単騎で自力自在」とコメント。脇本の実質先行一車で、展開は脇本の先行を浅井や岩津らが捲り返すという流れになるか。中部SS2車が格や力の上で頭一つ上回っており、最後は両者でのマッチレースが濃厚か。そうなれば、番手回りから突っ込む@金子を本命視したい。前回の松阪GVは、決勝で貫禄の捲りを決めてVを飾った。今日の優秀戦も、脇本の先行をズバッと差し切った。ただ近歴全体を見渡せば、今一つピリッとしないのも事実。明日は番手戦だけに、浅井の仕掛けを追走から、SPR賞初制覇を決めてくれるだろう。対抗は、そのD浅井。前回の松阪GVでは、準決でよもやの落車。その落欠明けとなる今節は「タテの競走」で脚を戻す考えなのだろうが、今日の優秀戦で見せた7番手からの捲り返しはさすがの脚勢。ワンチャンスを活かせれば、残り目でのアタマ勝負も十分あろうか。
穴軸は、ひいき目も加えて、C東口に期待したい。2月の奈良GV・高松全日本選抜と連続落車で調子を落としたが、近歴は本人の自己申告通り「上昇中」の通り、名古屋ダービー・伊東共同杯でビッグ連続準決進出。この勢いが、今日の優秀戦で浅井の捲りを差し交わさせたか。SSイレブン自粛欠場問題で、やや格落ちのSPR賞であるのは事実だが、ここを制すれば東口にとって大きな転機となるだけに、絶対落としてはならない一戦になろう。A脇本の残り目、H岩津−B小倉の総力戦、F伊藤の突っ込みにも注意を払っておきたい。

<本線予想> 1=5 1=2 1→4 1→9
<穴予想> 4=2 4=9 4→7 4→3


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96726359

この記事へのトラックバック