2014年05月10日

5/11 松阪記念GV・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(11日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、松阪記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●松阪記念GV・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
◎   1 金子貴志(愛知)
× ◎ 2 阿竹智史(徳島)
  ☆ 3 鈴木 誠(千葉)
    4 大薗 宏(茨城)
▲ ○ 5 園田 匠(福岡)
    6 黒木誠一(兵庫)
○ × 7 望月裕一郎(静岡)
    8 土屋裕次(静岡)
☆ ▲ 9 友定祐己(岡山)

並び ←@78 3 D6 A94
※「Keirin.jp Steram」前日開催情報による

GPチャンプにとっては負けられないが、準決同様、波乱の匂いも漂うファイナルだ。
東日本の追い込み勢の動向が注目されたが、F望月が「金子くんへ」とコメントしたことで、静岡コンビが金子との即席ラインとなった。南関もう一派のB鈴木は「単騎で決めずに」と流れに任せることになり、C大薗は「瀬戸内の後ろ」と話した。そして中近ラインかと思われたE黒木は「園田君マーク」を選択した。ライン先頭がいずれも捲り志向だけに、主導権取りに誰も動かない展開も考えられるが、思いきった仕掛けに期待して@金子に本命の◎印を打つ。前回共同杯では、オール予選で、しかも苦戦を強いられたため二予B落ちを喫した。今節は、地元地区の記念ということで、期待を背負ってはいるが、共同杯同様、調子は今一つに感じる。しかし、対敵が次々と準決で敗退し、金子にとっては取り組みやすいメンバーとなった。一気のカマシ先行でも、一発捲りでも、本来のスピードを見せつければ、Vゴールは自ら近づいてくれるはずだ。対抗は金子マークのF望月。マークぶりは安定しており、近歴では3節連続の優参と安定しているし、4場所前の地元・静岡GVでは初日特選で新田康の捲りを交わして1着を挙げている。明日は金子の駆けるタイミングにもよるが、早目の発進で追走できれば逆転も十分あろう。アタマなら意外な好配を提供するか。
穴軸はA阿竹を指名。4場所前の玉野GVで落車して状態が心配されたが、名古屋ダービーでは負け戦で1勝を挙げ、その後のFT2場所も連続優参と元気だ。今節も、勝ち上がりこそA・E・2の着順だが、動きそのものは決して悪くない。中四国ラインで友定がマークに入っているため、多少早目の仕掛けになるかもしれないが、むしろ展開利を呼び込めることもあろうか。アタマで好配必至なだけに、狙ってみたいところだ。こちらも総力戦のD園田、阿竹マークから突っ込むH友定、単騎だが不気味な存在のB鈴木も、2〜3着には押さえておきたい。

<本線予想> 1=7 1=5 1→2 1→9
<穴予想> 2=5 2=9 2→7 2→3


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96130527

この記事へのトラックバック