2014年05月03日

5/4 平塚記念GV・12R優秀競走 予想

今週のブログ予想は、あす(4日)和歌山競輪場で場外発売が行われる平塚記念(GV)の2日目12R・優秀競走のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●平塚記念GV・2日目

《第12R S級優秀》

本線 穴
○ ○ 1 松坂洋平(神奈)
◎   2 深谷知広(愛知)
☆ ☆ 3 根田空史(千葉)
  × 4 加藤圭一(神奈)
×   5 齋藤登志信(宮城)
    6 永澤 剛(青森)
▲ ◎ 7 林 雄一(神奈)
    8 望月永悟(静岡)
  ▲ 9 桐山敬太郎(神奈)

並び ←B86 H@74 A5
※「Keirin.jp Stream」前日開催情報による

輪界最高峰選手に地元勢4車が挑む。南関他派も援軍に加われば、乱戦必至だ。
南関勢6車が優秀戦に進出したことで、並びが注目されたが、全て当地・平塚がホームの神奈川4車と、それ以外の2車に分かれることになった。神奈川4車の並びは、ライン先頭をH桐山が務め、番手マークが@松坂、3番手以降をF林−C加藤がそれぞれ回ることになった。A深谷にはD齋藤がマークし、もう一人の北日本マーク選手・E永澤は、B根田が先頭の南関別ラインの3番手を走ることになった。展開は、南関2派の出方次第になるが、「打倒深谷」を考えれば、地元ラインの先制を深谷と根田が捲り返す流れが自然か。本命には、今回のシリーズリーダーで、参加メンバー中、力が頭一つリードしているA深谷を推す。前回・共同杯決勝では近畿勢の執拗なブロックに遭った(9着)が、それだけ厳しいマークを受けるのは、それ相応の実力を持ち合わせているゆえだ。今節は中2日での参戦だが、今日の初日特選は屋良朝の先行をあっさり捲って、後方を千切って見せた。南関総連携で苦しめられる可能性もあるが、ここは力の違いを見せつけて、3日目以降のシリーズを優位に進めたいところだ。対抗は、南関番手の@松坂。3ヶ月半の落欠明けとなった前回弥彦FTは、決勝2着とまずまず。今日の初日特選は、深谷知を追いかけてなんとか2着を確保したが、後方からの捲り脚はなかなかのものだった。明日は不慣れな番手戦。しかし、今日バースデーウィンを決めた同級生・桐山の仕掛けを受けて、番手捲りが決まれば、アタマ勝負まで持って行けるか。
穴軸は地元3番手を回るF林。こちらも共同杯から中2日での参戦だが、好調は維持できているようだ。共同杯最終日では、福島3番手から落車を避けて渡邉一の番手マークに追い上げ、G寸前で渡邉を差し交わし10万車券を演出した。今日の初日特選は根田マークから流れ込んでの2着。明日は松坂の仕掛けるタイミング次第で、アタマ勝負まで突っ込んで来て、またもや穴党に高配を提供するか。H桐山・B根田の残り目、深谷マークのD齋藤の突っ込みにも、2〜3着押さえが必要か。

<本線予想> 2=1 2=7 2→5 2→3
<穴予想> 7=1 7=9 7→4 7→3


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95212077

この記事へのトラックバック