2014年04月05日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、岐阜FT「S級シリーズ・西日本カップ 中日スポーツ杯」の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

号砲でG柴田竜史が飛び出して一旦正攻法に収まるも、踏み上げてきたA小松崎大地に正攻法を譲る。序盤の位置取りは、福島2車−ライン3番手のF尾崎剛−南関2車−ライン3番手のE阪本正和−近畿・中部2車−ライン3番手のB中村圭志の順。レースの動きは早く、青板3角(残り2周半)からH古性優作が上昇して、正攻法の小松崎を抑える。古性はジャン前BKまで小松崎を抑え続け、小松崎もインで粘る構えを見せる。古性はジャンから飛び出し、最終HSからさらにペースアップすると、中団は柴田が確保し、小松崎は7番手に後退。古性のカカリは良く、隊列一本棒で最終BKを迎える。しかし2角過ぎから小松崎が捲り返しに出ると、マークのD榊枝輝文は千切れ、中団・柴田の反撃もなく、直線で前団に迫る。結局、ゴール寸前で差し交した小松崎が、自身FT2連続となるVゴールを駆け抜ける。2着には古性が逃げ粘り、古性マークの林が3着に続く。

<結果・払戻金>
 2車単 A→H 1720円
 3連単 A→H→@ 3810円

小松崎が厳しい展開にもかかわらず、最後は力でねじ伏せました。古性が抑え続けた際は、イン粘りの構えも見せましたが、最終BK立ち上がりからのスピードは他を圧倒するものでした。榊枝が千切れるのも無理はありません。昨年末はヤングGPに出場したほどの逸材。この日は捲りでのVでしたが、先行でも勝ち負けできるほどの粘りを持っています。このクラスで満足せず、今後の飛躍を期待したいものです。
2着に終わりましたが、古性の逃げ粘りにはさらなる成長を感じさせました。抑え込んだ小松崎が、突っ張るのか、インで粘るのか、後方に引いて捲りになるのか、いずれの作戦も考えられる中での先行策。駆け出すタイミングも難しかったでしょうが、腹を括っての1周駆けは、小松崎に捲られはしましたが、マークの林に交わされなかった粘り腰はすばらしいの一言。このレースで、自力型としての今後の課題を見出すこともできたでしょうし、それを克服した時さらに自力型選手として大きくなってくれていることでしょう。

さて今週から当番組は、1997年にスタートした「ケイリンウィークリー」以来、実に18年目に突入します。今後とも「夕暮れわかちゃんCLUB」どうぞよろしくお願いいたします。
なお和歌山放送も加盟しているradikoが、4月1日から「radikoプレミアム」として、月額350円(税別)の課金制で、全国で聴取できるようになりました。和歌山県外の競輪ファンの方は、よろしければ聴取料をお支払い頂き、「夕暮れわかちゃんCLUB」を(ほぼ)リアルタイムでお聞きいただければ嬉しい限りです。
さて18年目最初となる今週は、明日の西武園記念2日目・12R優秀競走「ギャンブルレーサー関優勝牌」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92065127

この記事へのトラックバック