2014年03月22日

「和歌山ガールズケイリン」ブログヘボヘボ予想3連戦の答え合わせ(結果) パート1

先週は臨時号も含めて、和歌山「ガールズケイリン(FU)」3日間の、ガールズレース(計6レース)とA級1・2班戦メインレース(初日特選・準決勝・決勝)のヘボヘボ予想を掲載しました。その全11レースを振り返ります。
まずは「パート1」として、初日(3/15)と2日目(3/16)の計8レースです。

○3/15(土)

【6R ガールズ予選1】
B小坂知子が、号砲でダッシュ良く飛び出しSを決める。周回中の位置取りは、小坂−A高松美代子−F重光啓代−C白井美早子−@倉野由紀−D関口美穂−E戸田みよ子の順。隊列が崩れたのは赤板HS(残り2周)過ぎ。最後方から戸田が踏み上げ、ジャンで一旦前団を叩いて先頭へ。そして戸田を追いかけた倉野が、さらに最終HSで叩いて先行態勢に入る。戸田は倉野の番手にはまるも、今度は小坂と重光が巻き返しに出て、最終BKで小坂が先頭へ。これを白井が追走し、外を重光が並走すると、戸田はインに詰まる。結局、小坂マークから直線抜け出した白井が差し切って1着になる。2着には、外並走を我慢して直線伸びた重光が入り、小坂が3着に粘りこむ。

<結果・払戻金>
 2車単 C→F 3510円
 3連単 C→F→B 8660円

【7R ガールズ予選1】
号砲でC森美紀とD小林莉子が飛び出し、小林がSを決める。周回中の隊列は、小林−森−B杉沢毛伊子−A後閑百合亜−@伊木雪乃−E奈良岡彩子−F三輪梓乃の順。大きな動きのないまま迎えたジャン前BKから杉沢が車を上げると、奈良岡も上昇。ジャンで杉沢がハナを切ると、正攻法の小林が番手にはまる。中団外並走の奈良岡が最終HSから仕掛けようとすると、これに構わず杉沢がスパート。最終BKでは奈良岡と杉沢が雁行状態の激しい先行争いを繰り広げ、これが最終4角まで続く。一瞬イン詰まりになりかけた小林だったが、最終2センターから車を外に持ち出すと、直線一気に突っ込んで1着をもぎ取る。2着には外並走をこらえた奈良岡が、3着には最終BKで小林後位に切り替えた三輪が突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 D→E 580円
 3連単 D→E→F 1230円

【12R A級初日特選】
号砲直後はややけん制状態も、D菊谷信一が誘導員を追って正攻法に収まる。序盤の位置取りは、近畿・中部2車−単騎のG丹波靖貴−関東3車−京都2車−ライン3番手のC松尾信太郎の順。青板3角(残り2周半)からB三田村謙祐が上昇するも、H大畑裕貴が車を外に振ってけん制し、前に出させない。隊列が元に戻った直後のジャン前1センターから三田村が再度踏み上げて行くと、大畑も踏み込んで応戦。ジャンで三田村は先頭に出切り先行態勢に入ると、大畑も粘って3番手を松尾から奪い取る。さらに最終HSで菊谷がインをすくって3番手を求めるも、大畑にキメられ(内に押し込まれ)、下げた4番手で大畑マークのE田淵浩一とツバ競り合い。後方がもつれる中、大畑が最終2角から捲り返しに出ると、三田村マークのF河村章憲のブロックをかいくぐり、追い上げマーク的に三田村の番手を奪う。結局、直線踏み直した三田村が大畑を振り切って1着、大畑が2着に続く。3着には、後方から自ら捲り追い込んだ@梅山秀樹が突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 B→H 2580円
 3連単 B→H→@ 33430円


○3/16(日)

【6R ガールズ予選2】
号砲でA森美紀とC小坂知子が飛び出し、小坂がSを決める。序盤の並びは、小坂−森−@奈良岡彩子−B白井美早子−D杉沢毛伊子−F後閑百合亜−E倉野由紀の順。赤板HSから倉野が上昇して前団に迫ると、ジャン前BKで先頭に躍り出る。小坂がそのまま番手にはまるも、後方からの仕掛けは無い。すると最終HS手前6番手から杉沢が巻き返しを狙うも、これを見て小坂が併せて番手捲り。小坂の仕掛けに倉野は付いて行けず、車間が空くところを森が捲り気味に差を詰める。これを目がけて奈良岡が捲りを仕掛け、白井が奈良岡後位に追い上げる。最終2センターで小坂が失速すると、直線は森と奈良岡のマッチレースに。結局、奈良岡がゴール寸前で森を捉えて1着、森が2着になる。そして奈良岡追走の白井が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→A 3150円
 3連単 @→A→B 8730円

【7R ガールズ予選2】
号砲で@重光啓代とB小林莉子が飛び出し、小林がSを決める。周回中の位置取りは、小林−重光−A三輪梓乃−C関口美穂−E伊木雪乃−F門脇真由美−D高松美代子の順。赤板HS(残り2周)から伊木が踏み上げていくと、これを高松が追走する。ジャンで伊木が小林を叩いて先頭に立つと、小林は3番手に下げる。するとジャン過ぎ2センターから、門脇が最後方からカマシ先行に出て一気に先頭へ。これに小林が最終HSで切り替え、重光も追って行く。しかしその後方で、関口が三輪に被さり、バランスを崩した三輪が落車。これに後続の高松・伊木も乗り上げて多重落車となる(関口は失格)。後方のアクシデントを尻目に門脇が逃げるも、これを追走した小林が最終BKで番手捲り。結局、小林が追走する重光の猛追を振り切って1着、重光が2着になる。そして門脇が3着に逃げ粘る。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 260円
 3連単 B→@→F 890円


【10R A級準決勝】
号砲直後けん制状態もH曽我部匡史が誘導員を追いかけ、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、四国2車−中部3車−単騎のE小林豊−東日本3車の順。青板3角(残り2周半)からB大畑裕貴が早くも上昇を見せ、赤板HSでF長尾拳太を抑える。そしてジャン前BKから、大畑が曽我部を叩いて先行態勢に入ると、このラインに小林も切り替える。すると最終HSから長尾が叩き返しに出るも、大畑のカカリも良く、両者雁行状態となる。そして長尾のダッシュを追走できなかったマークの渡会は、3番手のG湯浅弘光をキメて潜り込む。結局、大畑が後続のもつれを尻目に逃げ切って1着。横一線広がった2着争いは、大外捲り追い込んできたA尾崎勝弘が制する。そして長尾を捌きつつ、中割ってきた渡会の猛追をしのいだ梅山が、3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 B→A 5500円
 3連単 B→A→D 16490円

【11R A級準決勝】
号砲でB山崎晃が飛び出し、Sを決める。序盤の位置取りは、中部2車−近畿3車−福岡2車−山陽2車の順。このレースも動きが早く、青板BK(残り2周半)からE新村真が上昇して正攻法の山崎を抑えると、これをG佐藤健太が追走する。新村がジャン前BKで山崎を叩いて先頭に立つと、さらに佐藤が新村を叩いてハナを切る。追い上げたA菊谷信一が中団5番手を確保する。最終HSを一列棒状で通過すると、菊谷が仕掛けるそぶりを見せるも、佐藤のカカリも良く、菊谷は5番手に収まり直す。そして最終BKから菊谷が捲り追い込みに出るも、車間が空いていた3番手位置の新村が邪魔になって、行く道を阻まれてしまう。結局、佐藤番手から@松尾信太郎が抜け出して1着、佐藤も2着に粘ってワンツーを決める。3着争いは、前団に詰め寄るC工正信を、ゴール寸前交わしたD河村章憲が制する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→G 3100円
 3連単 @→G→D 19750円

【12R A級準決勝】
号砲で中国2車が誘導を追うも、G本田拓也が交わしてSを決め、正攻法を奪う。誘導員以下は、本田−中国2車−東日本2車−近畿2車−ライン3番手のC北島祐二−単騎のA橋本勝弘の順で周回を重ねる。赤板過ぎ1角から@三田村謙祐が上昇を始めると、最後方の橋本がインをすくい、三田村マークのF中畑正彦に競りかける。この競りは橋本に軍配が上がるも、橋本も三田村から千切れてしまい、併せて出ようとしたD亀井久幸が三田村の番手にはまる。最終HSから三田村が全力先行に出て、4番手位置を橋本がなんとか確保。しかし三田村のスピードに後続は仕掛けられず、三田村はそのまま逃げ切って1着となる。2着には番手追走の亀井が、3着には亀井マークのB田淵浩一が続く。
 
<結果・払戻金>
 2車単 @→D 560円
 3連単 @→D→B 2360円


(「パート2」へ続く)
posted by wbs at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90782168

この記事へのトラックバック