2014年03月15日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、松山記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

号砲直後一瞬けん制状態も、@深谷知広が誘導を追いかける。さらにB新田祐大が、深谷を交わして正攻法に収まる。周回中の位置取りは、北日本2車−深谷−マークのC小野俊之−京都2車−南関3車の順。赤板HS(残り2周)からG東龍之介が踏み上げて中団のD川村晃司を押さえると、深谷がジャン前2角から踏み込んで、新田を叩いて先頭へ。そこをジャン過ぎからペースアップした東が、さらに叩いて最終HSでは先頭に立つ。これを見て、川村が一気にHS捲りに打って出ると、最終BKで東を捉える。しかしこの動きに付いて行った新田が捲り返しに出ると、新田マークのF齋藤登志信は千切れてしまい、これに深谷が後捲り気味に切り替え追走する。結局、最終4角で川村を捉えた新田が、そのままの勢いでVゴールを駆け抜ける。2着には新田を追った深谷、3着には川村マークから直線伸びたH伊藤保文がそれぞれ入線する。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 1130円
 3連単 B→@→H 7980円

東の思い切った先行から、残る3派による捲り合戦となりましたが、タイミング良く仕掛けた新田に軍配が上がりました。誰が先に捲りを仕掛けるかによって、展開が大きく変わる流れを、じっくり見極められたのが大きな勝因でしょうか。川村のHS捲りのタイミングは決して悪くなく、むしろ王道といっても過言ではありません。しかし川村が捲り切ったタイミングを見計らって発進。深谷にもG前詰め寄られはしましたが、スピードそのものは伊藤のブロックを許さないほどでした。レース後のインタビューでも「(全日本選抜で)ファンに迷惑をかけた借りを返したかった」と話していましたが、十分借りは返せたと思います。名古屋ダービーでのGT初制覇に期待がかかりますが、この調子なら、きっと決勝まで勝ち上がってくれることでしょう。
深谷も、東との主導権争いに脚を使わされたためでしょうか、踏み出しのタイミングが一瞬遅れたように見えました。爆発力あるスピードは新田・川村に決して劣ってはいませんでしたが、そのほんの一瞬の遅れが、これくらいのレベルになると致命傷になります。ただ、優参までの3連勝を見ている限り、死角は見当たりません。「ダービーに向けて良いアタリをつかんだ」とレース後のコメントにあるように、GT優勝に向けての何かをつかんだシリーズだったでしょう。
川村は4着に終わりましたが、先述の通り、HS捲りのタイミングはドンピシャでした。捲り返す相手が新田や深谷でなければ、Vをつかんでいてもおかしくありません。新進気鋭の東を相手にも、落ち着いて仕掛けられていました。京都勢・近畿勢の先導役ではありますが、全日本選抜での準決敗退をバネに、ダービーではもうワンステップ上を期待しましょう。名古屋ダービーでは、決勝で再度この3車のマッチアップを見てみたいですね。

さて今週の番組は、今日から始まった和歌山ガールズFUの中から、注目のガールズ選手をピックアップしてご紹介します。なお、明日の和歌山FU2日目・6〜7R「ガールズ予選2」、10〜12R「A級準決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜9時頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90205288

この記事へのトラックバック