2014年02月22日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、四日市記念(GV)の2日目11R・優秀競走「フォーリンカップ」のヘボヘボ予想でした。

号砲で@金子貴志が飛び出しSを決める。周回中の位置取りは、中部2車−関東3車−単騎のB根田空史−北日本2車−単騎のE松川高大の順。赤板HS(残り2周)からG飯野祐太が上昇し、正攻法の金子を押さえると、これに松川も追走。ジャン前BKで飯野がゆっくりハナに立つと、飯野の出をうかがいながらC矢野昌彦が踏み上げ先行態勢へ。叩かれた飯野は差のある4番手、金子は松川と内外併走しながらの6番手で、最終HSを通過。最終BKに入っても隊列は大きく変わらず、金子は松川に押さえられイン詰まりの状態。これを見た金子マークのF浅井康太が自力に転じ、捲りを仕掛ける。浅井の捲りは最終4角で前団を捉え、そのまま1着になる。浅井マークに切り替えた根田が続いて2着、関東3番手から伸びたA朝倉佳弘が3着に突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 F→B 1510円
 3連単 F→B→A 20340円

浅井が気持ちの入った捲りで、他派を粉砕しました。全日本選抜決勝で落車し、フレームを新品に変えざるを得なかったアクシデントに見舞われた浅井ですが、さすがの走りを披露です。しかも初日特選とは違うフレームだったとのこと。「弘法 筆を選ばず」とありますが、微妙な感覚が大切とされるピストレーサーで、ここまでの走りを見せつけられると他派は手の出しようがありません。セッティングを調整し、落車で負ったケガを手当てできたゆえの完全優勝です。3月のあっせん停止に向けてやれるだけのことをやろうという、強い精神力がもたらしました。4月に復帰してきた時には、さらに強い浅井“ニュー浅井”を見せてくれることでしょう。楽しみにしたいと思います。

さて今週の番組は、明日の静岡記念11R優秀競走「ちゃっきり賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87681922

この記事へのトラックバック