2014年02月15日

2/16 四日市記念GV・11R優秀競走「フォーリンカップ」 予想

今週のブログ予想は、あす(16日)和歌山競輪場で場外発売が行われる四日市記念(GV)の2日目11R・優秀競走「フォーリンカップ」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●四日市記念GV・2日目

《第11R S級優秀「フォーリンカップ」》

本線 穴
○ ▲ 1 金子貴志(愛知)
    2 朝倉佳弘(東京)
× ○ 3 根田空史(千葉)
    4 矢野昌彦(栃木)
  ☆ 5 山田敦也(北海)
    6 松川高大(熊本)
◎   7 浅井康太(三重)
☆ × 8 飯野祐太(福島)
▲ ◎ 9 藤田竜矢(埼玉)

並び ←C92 E G5 B @7
※「Keirin.jp Stream」翌日開催情報による

超細切れ戦も、地元SS班コンビが遠征勢を粉砕。ただ単騎2車の動きも不気味だ。
コメントから、ラインは3つ+単騎2車の構図。関東3車は、C矢野が「自力で」とコメントし、H藤田がハコ回りとなった。中部2車も@金子が「前で」とコメント。北日本は予想通りだが、残るB根田とE松川の2車は単騎での戦いを選択した。展開は、ライン3車と長くなった関東勢が主導権を奪っていくのだろうが、地元中部SS班コンビが、他派を飲み込んでいくと見た。どちらを本命にするのか迷ったが、2年ぶりのホームバンク記念に燃えるF浅井に◎印を付ける。前回全日本選抜で優参も、無念の落車(再乗7着)に終わり、GT制覇は夢と消えた浅井。しかも落車した際、フレームが損傷して使用不可になった。今節は手負いの状態で、なおかつセッティングの定まっていない新車での参戦。それでも、今日の初日特選での1着は立派だ。明日は、金子に前を任せて直線勝負にかけるが、3月にもあっせん停止となる浅井にとっては、一戦必勝態勢が続くだけに、アタマ勝負と見てよさそうだ。対抗は、GPチャンプに敬意を表して@金子。全日本選抜は、深谷知とのセットながらも準決敗退で、最終日・特別優秀戦でも、芦澤大の上手い立ち回りにしてやられた。強風吹き荒れる四日市バンクだけに、展開次第では苦戦も予想されるが、後位に地元の浅井を従えているだけに、カマシ先行策も含めて、ある程度積極的な仕掛けが求められよう。それでも、GPチャンプ&SS班のプライドにかけても、上位争いへの参戦は必須だ。
穴軸は、矢野の先行を受けて、番手から抜け出すH藤田を指名。前回の地元・大宮GVは、平原康のアシストもあったが、最終主導権争いに巻き込まれて直線伸びきれず、2着に惜敗した。ただ、元々マーク戦もこなす器用さを持っているだけに、明日は番手捲りも含め総力戦になるだろうが、矢野・朝倉のアシストで首位争いの一角に食い込んでくると見たい。「単騎戦は初めて」も、スピード感あふれる走りで突っ込んで来そうなB根田、カマシ・捲りで上位陣を脅かす北日本2車あたりにも注意したい。

<本線予想> 7=1 7=9 7→3 7→8
<穴予想> 9=3 9=1 9→8 9→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87332050

この記事へのトラックバック