2014年01月10日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、立川記念(GV)の2日目11R・優秀競走「初夢賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲でD村上博幸が飛び出してSを取り、B深谷知広を迎え入れる。周回中の並びは、中部・近畿2車−A菊池圭尚−マークの南関2車−関東3車−単騎のC井上昌己の順。赤板HS(残り2周)からF池田勇人が上昇して正攻法の深谷を抑えると、深谷は車を下げる。ジャン前BKでハナに立った池田が発進のタイミングを図るなか、4番手を追走した井上と、内をすくって上昇した菊地が、中団をめぐって内外併走する。池田は、ジャン過ぎ2センターで誘導を交わして先行勝負に出ると、池田マークの@平原康多が車間を切って後方にニラミを利かせる。そして最終2角から深谷が捲り返すも、3角で平原の厳しいけん制を受けて失速。結局、展開有利に進めた平原が、余裕の1着ゴール。2着には最終3角から内をすくって伸びた菊地が入り、平原マークのH神山雄一郎が3着を確保しました。

<結果・払戻金>
 2車単 @→A 4960円
 3連単 @→A→H 10480円

池田の先行を十二分に活かした平原が、深谷の強烈なダッシュ捲りを巧みなけん制でブロックして見事な勝利を挙げました。GPが不本意なレースとなった平原ですが、気落ちせず「4日間力を出し切ることを念頭に」置いてレースに臨んだとのこと。この日のレースもさすがの動きでした。最終2角で車間を切り、深谷の前輪目がけてのブロック。マーク選手の動きとしては、十分合格点が付けられます。昨年の前半は、全日本選抜を除いて良い所がありませんでしたが、今年は立川GV優勝でスタートダッシュに成功です。しかも深谷を抑えてのVですから、値打ちがあります。自力でも追い込みでも器用にこなす平原の今後の活躍を大いに期待したいです。
そして4着に終わりましたが、その平原を引き出した池田も、まさに上昇一途の近歴そのままの走りでした。赤板HSから深谷を抑え、そのままハナに立つと思い切った2周先行勝負を披露してくれました。もちろんスパートはジャン過ぎでしたが、ラストまでよく粘りました。あそこまで頑張れば、平原の差し交わしも残し気味になって、大きい着になりません。まさに「深谷キラー」の面目躍如といったところです。池田は和歌山記念に参戦予定。オレンジバンクでの先行力爆発を楽しみにしたいと思います。

さて今週の番組は、「和歌山グランプリ」2日目・11R優秀競走「熊野古道賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。そして当ブログへのアップは夜8時半頃の予定です。

さらに、きょう(10日)から「和歌山グランプリ」開催期間中、翌日のメインレース(初日特選3箇レース、2日目優秀競走「熊野古道賞」、3日目準決勝3箇レース、最終日決勝戦)の見どころ&ヘボヘボ予想を、臨時号を含めて当ブログで連日配信します。日にちによっては、配信が遅くなることもありますが、あらかじめご容赦頂いた上で、どうぞご期待下さいませ。

また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84994092

この記事へのトラックバック