2013年12月29日

12/30 「KEIRINグランプリ2013」&「寺内大吉記念杯」決勝 予想

今夜はブログ臨時号として、あす(30日)和歌山競輪場で場外発売が行われる「KEIRINグランプリ2013」(GP)と、「寺内大吉記念杯(FT)」決勝のWヘボヘボ予想を配信します。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●立川グランプリシリーズGP・最終日

《第10R FT「寺内大吉記念杯」決勝》

本線 穴
× ☆ 1 高木隆弘(神奈)
☆ ○ 2 藤田竜矢(埼玉)
◎   3 伏見俊昭(福島)
    4 吉村和之(岐阜)
▲ ◎ 5 牛山貴広(茨城)
  × 6 藤原憲征(新潟)
    7 福田和也(神奈)
    8 朝倉佳弘(東京)
○ ▲ 9 早坂秀悟(宮城)

並び ←H317 4 B8 D6
※「e−shinbun」競輪グランプリ特設ページによる

「前座レース」と呼ぶには失礼なFT決勝。好メンバーが揃ったことで、激戦必至だ。
並びはある程度想定の範囲内か。まず北日本の後位を@高木が「北の後ろが自然でしょう」と主張したことで、北日本+南関4車の長いラインができあがった。そして関東も、埼京とその他の2車ずつに分かれた。中部単騎のC吉村も「位置決めずに自在で」とコメント。展開は、長大ラインの有利さを活かして、今日と同様H早坂が飛ばして行くか。そこで、自分のタイミングで踏み出せば良い、番手マークのB伏見を本命視する。今年の伏見は、SS班から陥落したこともあり、FT戦でも苦戦することが多かった。秋以降はまずまずだったが、ファンが納得するような結果には程遠かった。今節は初日特選で滑入(7着)し、コンディションが心配されたが、今日の準決は、楽に早坂秀を追走して、残し気味の差し交わしだった。明日も今日の再現を期待したいところだ。対抗はそのH早坂。気っぷの良い先行力は、見ていて気持ちが良いくらい。しかもラストまでしっかり持ちこたえられるスピードに、高い評価がされている。9月の別府FTで完全Vを果たしたが、それを境にやや乱調気味。ただ、前回の松阪FTでは1・9・1と2勝を挙げ、浮上のきっかけとなった。今節は、初日予選でHS捲りを決めると、今日は最終HSで天田裕を叩いての先行劇。明日は伏見のガードでワンツー決着を見せよう。
穴軸はD牛山を指名。11月の地元・取手GVで、A・H・9・6と乱調したのが尾を引いたか、続く競輪祭以降の3場所は、“らしさ”が見られなかった。元々積極的に駆けるタイプではない印象を持つが、今日の準決は、前々踏んだ結果、坂本亮の番手にはまってアタマまで突っ込んだ。明日は関東別線のライン2車ゆえ、無理駆けはないだろうが、巧みな位置取りから早めの捲り返しならVチャンスも十分だ。中団から早めの捲り返しなら負けていないA藤田や、ライン3番手から直線の長さを活かして強襲する@高木も、最低2〜3着受けに押さえておきたい。

<本線予想> 3=9 3=5 3→1 3→2
<穴予想> 5=9 5=2 5→6 5→1


《第11R KEIRINグランプリ2013》

本線 穴
  ☆ 1 平原康多(埼玉)
  × 2 村上義弘(京都)
◎   3 金子貴志(愛知)
  ◎ 4 新田祐大(福島)
    5 後閑信一(東京)
○ ▲ 6 浅井康太(三重)
▲ ○ 7 成田和也(福島)
☆   8 長塚智広(茨城)
×   9 深谷知広(愛知)

並び ←HB6 2 G@5 C7
※前検日共同記者会見と、「e−shinbun」競輪グランプリ特設ページによる

2013年のベスト9が賞金1億円をかけていよいよ激突。あなたの夢は誰ですか?
並びを改めて整理すると、中部勢はE浅井が「師弟コンビの3番手で」。福島両者はいつも通りで、A村上は「単騎で」。そして18日の前夜祭でコメントを濁した関東3車は、G長塚が「話し合った結果、自分が前」、D後閑が「関東3番手から」となった。
そして展開は、C新田のカマシも考えられるが、G長塚の先行はなさそうなだけに、十中八九H深谷の先行と見て良さそうだ。あとは長塚がイン粘りになるのか、切れ目から一発を狙うのか、ある意味「長塚のハラひとつ」で流れを左右しそうだ。いずれにしても深谷の先行で、無風なら番手のB金子の独壇場となりそうで、金子に本命の◎印を打つ。金子にとって、今年のGT戦線は「深谷様サマ」であったことは間違いない。これまでの苦戦を断ち切るかのような、親王牌・競輪祭のV2は金子の競輪人生にとって大きかったはず。そしてGPの大舞台でも、再度深谷との連携で、またまたVチャンスが巡ってきた。深谷の積極駆けで、3度目の美酒に酔いしれることだろう。対抗は深谷ではなく、中部ライン3番手を回るE浅井を推す。賞金ランク9位でギリギリのGP選出となったが、好不調の波が例年に比べて大きかったのが苦戦の原因で、決して力的に劣っている訳ではない。一昨年の山口幸、昨年の村上義のように、近年のGPの傾向として、最終BK3番手回りの選手が「戴冠」のケースが多い。スンナリの展開なら、長塚や新田の捲りに併せて早めに飛び出すケースも考えられ、決して3番手追走ということにはならないだろう。タテ脚なら、並みの自力型よりも切れるだけに、500並みに直線の長い立川だからこそ、浅井の伸びが活きてくるか。
穴軸はC新田を指名。今年前半戦は、GT奪取も目の前という評価を受けた。6月岸和田宮杯・9月京王閣ASでも、ともに決勝で仕掛け所・スピード全て完璧と思いきや、手元からスルリとタイトルがこぼれ落ちた。しかし気落ちすることなく、AS後に限れば、参加した5節全て優参し、今年最も安定した戦いぶりを見せたといっても過言ではない。初出場にもかかわらず「不思議と緊張していない」と話すなど度胸も満点で、大舞台にも動じていない。ナショナルチームで仕上げた爆発的なスピードで、近代競輪の申し子としてGPチャンピオンの座をつかんでもらいたい。新田後位から虎視眈々とVを狙うF成田、単騎でも去年と同様の流れなら一発捲りで連覇を決めるA村上、奇襲戦かオーソドックスに出るのか興味津々の関東3車、そして後続がもつれるなら逃げ切りも十分のH深谷など、9選手全てが実際のところ本命でも穴でもない。「今年儲けさせてくれた選手」「いつも応援している選手」「GPで損失補填してくれそうな選手」など、思い思いの選手を応援して、良い形で2013年を締めくくって頂きたい。

<本線予想> 3=6 3=7 3→9 3→8
<穴予想> 4=7 4=6 4→2 4→1

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
2014年もよろしくお願いいたします。
年末の締めくくりは、グランプリを本線でバッチリゲットしてますね!気持ちの良いお正月だと思います。羨ましいなぁ。
小生は、初めてロングライドにチャレンジしました。実家の京都まで85キロです。マップでルートを調べ臨みました。30キロのスピードを目標に5時間以内を目指しました。50キロ位の高槻辺りから足が吊りっぱなしでした。力の入れ方を考え4時間半で走破!地元で自転車があるとフットワークが良く、懐かしい友達とこにちょっと寄り道で心もリフレッシュ!やっぱり自転車はいいね!岸和田S級観戦に出発!
本年もよろしく!
Posted by 岸和田オヤジ at 2014年01月02日 10:31
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。そして明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
GPは現地で観戦して、なんとか2車単の責任車券を取ることができましたが、個人戦の3連単は抜け目のオンパレードで大ハズレ。「寺内大吉記念杯」の負けもかさんで、大負けで一年を終えました。この様子は、またブログの「自腹出張日記」でご紹介します。
ご実家までのロングライドはいかがでしたか?春並みの暖かさでしたから、楽しいライドだったんじゃないでしょうか? 私も、性懲りもなく、岸和田FTに参りますので、また声掛けて下さい。
Posted by 山本D at 2014年01月02日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83372829

この記事へのトラックバック