2013年12月21日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、佐世保記念(GV)の3日目9〜11R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【9R S級準決勝】
号砲でA山田英明・E阪本正和・H神山拓弥の3車が飛び出し、Sを決めた山田が正攻法(誘導員のすぐ後ろ)に収まる。序盤の位置取りは、九州2車−神山−マークのC渡部哲男−近畿・中部2車−神奈川3車の順。赤板HS(残り2周)を前に、G東龍之介が上昇して山田を押さえようとすると、山田は車を下げる。東の動きに合わせて@脇本雄太も上昇し、一旦内にもぐり込もうとする動きを見せる。しかしジャン前2角で神山が上昇すると、山田もインをすくって、各ラインが中団取りに出ようとする。ジャンで東がスパートすると、脇本も巻き返しに出て、ジャン過ぎ2センターは、雁行状態の捌き合いで前団がもつれる。主導権争いは東に軍配が上がると、今度は山田がさらにインをすくって、東番手のB桐山敬太郎に並びかける。この動きを察知した桐山は、最終3角から番手捲りに出る。山田は桐山追走のF内藤秀久を捌いて桐山を追いかける。結局、桐山がそのまま押し切って1着になり、山田が続いての2着。そして3着には、最終BKで神山マークから自力に転じ、捲り追い込んだ渡部が突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 B→A 2120円
 3連単 B→A→C 27130円

【10R S級準決勝】
号砲で、@佐藤友和がポンと飛び出す(記録上はS)も、B坂上忠克が交わして正攻法に付きC永井清史を迎え入れる。周回中の位置取りは、中部3車−北日本2車−単騎のF野田源一−九州2車−ライン3番手のH湊聖二の順。赤板HSでA北津留翼が上昇して永井を押さえると、ジャン前BKから北津留ラインを追走したG飯野祐太が、北津留を叩いて先頭へ。北津留は下げて4番手位置へ。出切ってからの飯野が流し(ペースを上げずにいること)ているのを見て、ジャン過ぎ2センターから永井がカマシ先行策に出る。ライン3番手のE三浦稔希が千切れたため、飯野は車間の空いた3番手位置を確保すると、最終3角過ぎから捲り返しに出る。結局、飯野マークの佐藤が大外を強襲して1着、永井マークから伸びた坂上尾が2着に入る。3着は、直線で内を中割り気味に突っ込んだ野田が確保しました。

<結果・払戻金>
 2車単 @→B 1100円
 3連単 @→B→F 4800円

【11R S級準決勝】
号砲でやや各車けん制気味もD佐藤慎太郎が前に出て、A菊池圭尚を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、北日本3車−関東3車−近畿単騎のF川村晃司−マークの@井上昌己−ライン3番手のC星島太の順。赤板HS(残り2周)から川村が主導権取りに踏み上げるも、B矢口啓一郎もこれを阻まんと併せて上昇。しかしジャン前2角で川村が叩き返して先頭に躍り出ると、この動きを追走した菊地がジャン過ぎで一気に川村を叩いて先行勝負。さらに最終HSから矢口が巻き返しに出て、前団がもつれるところを最終BK過ぎから川村が捲り追い込み。結局、川村マークの井上がゴール寸前交わして1着、川村が2着に。3着には矢口マークから伸びたH諸橋愛が確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 250円
 3連単 @→F→H 1720円

直線の短い「丸バンク」の佐世保には珍しく、いずれのレースも先手ラインがラインでの決着ができませんでした。しかもシリーズ主力級で明暗が分かれました。
9Rは、東が脇本の叩き返しを阻み、主導権を取り切ったところで、ある意味“勝負あった”ということになりました。桐山は、山田に内をすくわれそうになりましたが、慌てずに内を締めて番手捲りに出ました。自在脚質に加えて、近歴の調子の良さが十二分に現れたレース内容でした。山田も地元の阪本を従えているだけに、一車でも前へという気持ちが、イン突っ込みをさせたのでしょう。桐山を捌くのが理想だったのでしょうが、内藤を捌いてからの立て直しは今後の成長を期待させてくれました。
10Rは、佐藤のスピードがファンを魅了しました。叩かれた飯野が車間の空いた3番手で、自らも下がってきた三浦を捌くのに脚を使っています。それでもなお大外を踏み込んで、直線の短い佐世保バンクで、何とかアタマまで届いて見せました。SS班としては最後のシリーズでしたが、役目は十分果たせたのではないかと思います。3着の野田も、レース後に「外に行くとふくれてしまうので、ギリギリまで溜めて内を突っ込んだ」とコメントしていましたが、動きそのものが冷静でキレもありました。もはや穴人気してしまって、配当の妙味も薄れてしまったかもしれませんが、単騎であそこまで戦えるのは大したものです。穴党ファンの期待にこれからも応えて欲しいと思います
11Rは、川村のダッシュもさることながら、それを切れ味鋭い差し脚で交わした井上もさすがのものでした。菊地と矢口で前団がもつれるのは想定外でしたが、敢えてその先手争いに参加せず、後方から捲りきった読みとスピードに脱帽です。初連携だった割には、お互いスムーズにレースを運んでいたようにも見えましたが、何よりもまず井上の地元戦にかける気合いをあの差し脚に見たように思います。

さて今週の番組は、「KEIRINグランプリの見どころ紹介」PART1をお送りします。去る12月18日(水)に行われた「KEIRINグランプリ共同記者会見」で発表された想定番組や、各選手のコメントなどを紹介します。なお、明日の伊東温泉記念・3日目9〜11R「準決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜9時頃の予定です。また、いつもお願いしておりますが、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82627706

この記事へのトラックバック