2013年11月30日

12/1 競輪祭GT・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(12月1日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、第55回競輪祭(GT)の最終日11R「決勝戦」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●競輪祭GT・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
○ ○ 1 深谷知広(愛知)
◎   2 長塚智広(茨城)
▲ × 3 新田祐大(福島)
    4 神山雄一郎(栃木)
  ◎ 5 藤木 裕(京都)
  ☆ 6 大塚健一郎(大分)
☆ ▲ 7 金子貴志(愛知)
    8 岩津裕介(岡山)
×   9 平原康多(埼玉)

並び ←H24 D6 B8 @F
※デイリースポーツ・黒岡浩二記者の現地取材による

GP出場キップ争奪戦もいよいよラスト。4分戦も各ライン差はなく、大混戦必至だ。
並びコメントが注目された西日本勢の動向は、E大塚が「藤木へ」と話したことで、G岩津が「新田マーク」を選択した。関東3車は、A長塚が「神山さんがいいなら平原のハコ」とコメントし、落ち着くところに落ち着いた。展開は、@深谷−F金子の愛知師弟ライン2車が積極的に駆けて行くことになるだろうが、位置取りの上手いH平原の仕掛けに乗ってA長塚がズバッと突っ込むと見て、長塚に本命の◎印を打つ。10月熊本から一宮・取手とGV3連覇したが、いずれも平原康や新田祐を連日マークしてのもの。この快進撃の勢いそのままに、今シリーズもA・@・1の勝ち上がり。しかも今日の準決は、3番手確保からの一発捲りで、先行する藤木裕を沈めた。タイトルを取ってのGP出場を狙う以上、明日は、是が非でもVをつかみたいところだし、既に権利を持つ平原の仕掛けも自ずと早め早めになるだろうから、比較的楽にレースを進められる。GP出場権確保の崖っぷちからVをつかんだ、おととし(2011年)の再現なるか。対抗は@深谷。銀メダルコレクターのごとく、今年前半のGT決勝はことごとく2着で、今年通じての優勝が1回(2月高松GV)のみ。後半やや失速した感があるものの、前半の貯金で賞金ランキング1位まで駆け上がってきたのは立派だ。今節のC・1・2の勝ち上がりも、やや物足らない感じはするが、それは本人も感じているようだ。明日はマークする師匠の金子貴が「深谷が勝てるように走ってくれればいい」と話すなど、サポートも万全だ。ライン2車でも積極的に駆けることで、流れも向いてくるだろうし、持ち味を活かした走りができればVは自ずと転がり込んでくるはずだ。
穴軸は、近畿唯一の優参D藤木に期待する。前回の松阪GV決勝は、永井清の奇襲カマシに屈して6着に終わったが、それまでのからの好調ぶりが持続しているのは、今節の走りを見ていても明らかだ。去年の競輪祭決勝は、半ば山口幸の引き出し役だったことも考えれば、明日はまさに自分のためのレースができる状況だ。ワンチャンスを活かせれば、Vゴールを真っ先に駆け抜けることができるだろう。GT制覇までまさに“あと僅か”まで迫るB新田のスピード、深谷マークからG前迫るF金子の伸び、H平原の逃げ残り、ライン後位のE大塚・G岩津・C神山も、最後のGP出場権のイスをつかみ取るために何が何でも突っ込んで来るだろう。まさに本命も穴もないファイナルだ。

<本線予想> 2=1 2=3 2→9 2→7
<穴予想> 5=1 5=7 5→3 5→6

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
こんばんは。
いよいよラストのG1ファイルですね。決勝は凄いメンバーになりました。長塚がこっちについたりあっちについたりで上手いのか狡いのか運があるのか?って感じですね。小生は、新田!平原、藤木の自力から優勝が出ると予想!考えれば考えるほど一杯買わないといけない?ので、力と好きな選手を応援して楽しみたいと思います。明日は、抜け目の無いようにマークシートの記入を心がけます!では、車券バトル頑張ります!
Posted by 岸和田オヤジ at 2013年11月30日 22:07
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。
今日はファンクラブイベントお疲れ様でした。決勝は、オヤジさんが推した3人のうち、新田と平原がジャンでやり合ってしまい、深谷のカマシ先行を呼んでしまうという、オヤジさんにとって厳しい展開になってしまいましたね。
車券ゲームも初っぱなの7Rこそ当たりましたが、その後が続かずで、一日通してなかなか難しいレースの連続でした。
まぁ、これに懲りずに、お互いまた頑張りましょう! 12/15のバイチャクラブもよろしくです。
Posted by 山本D at 2013年12月01日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81760951

この記事へのトラックバック