2013年11月21日

【山本ディレクターの自腹出張日記】 取手GV「水戸黄門賞」 この当たり車券が目に入らぬか〜!(そのA)

わたくし山本が、直近に遠征した全国の競輪場を紹介する記事コンテンツ「山本ディレクターの自腹出張日記」。今回は、去る11月12日(火)に取手競輪場の「開設記念・水戸黄門賞」最終日へ「自腹出張」した、4回シリーズのリポート・2回目です。

取手駅に到着して、西口の高架広場から下に降りると「競輪場行きバス出発しますよ〜!」の声が。慌てて無料バスに飛び乗り、一路、競輪場へ。少し高台の方に進んで行くと、坂を上りきった所にスタンドが見えてきました。バスはそこから少し回り込んで、現在の2センター裏の正門前に到着。降りてから「砦の森のバンク」のキャラクターがペイントされた待機中のバスをパチリ!

取手競輪 無料バス

キャラクターがペイントされた取手競輪無料バス


そして正門へ歩を進めます。もともと正門は今のメインスタンド後方にあったそうですが、東日本大震災後の一連の改装に伴い、この場所になったそうです。

取手競輪場 正門

取手競輪場正門


コインゲートを通過すると、地元の競輪仲間がお出迎え。そして三角スピードくじが配布されていました。賞品は、ノドから手が出るほど欲しい「記念競輪オリジナルクオカード」。しかし残念ながらハズレ(泣)。新聞売りのおばちゃん曰く「この時間になって、結構当たりが出てるのに…」とのことで、まさに残念無念!

悔しさを胸にさらに場内へ進むと、今度は2センタースタンドがお出迎えです。このスタンドは取り壊しにはならなかったそうですが、耐震補強や休憩エリアの新設、テレビモニターのデジタル化などを行ったそうです。

2センタースタンド下

2センタースタンド


そして車券モードに入りたいのをグッと我慢して、まずは“仕事”。競輪グッズの買い付けです。去年の松阪同様、メダリストプランニングのテントブースへ一直線。「どれにしようかな?」と品定めしていると、なんと思いもかけないお客様が来店。

品定めをする「バンク」と「ジャン」

グッズを品定めする「バンク」と「ジャン」


そうです。取手競輪場のマスコットキャラクターの「バンク」と「ジャン」が品定めするではありませんか。思わず「和歌山から来たんで、ちょっと写真撮ってもいいですか?」とお願いしてしまいました。

「バンク」(左)・「ジャン」(右)と記念撮影

臆面もなく「バンク」(左)、「ジャン」(右)と記念撮影する私


そして「バンク」「ジャン」に向かって「徳川御三家のよしみで、一度和歌山に遊びに来てね?」と、とんでもないことをお願いしました(バカ!)。ところが何ともビミョーなリアクションで、どうやらダメだったのかな?(当たり前だ!)

グッズの買い付けも一通り終え、場内見学へ。まずは2センタースタンドを上がって、バンク全景を眺めます。

バンク全景

バンク全景


向かって右側には、新築された白亜のメインスタンドが鎮座していました。

新メインスタンド

新メインスタンド


そして向かって正面、1センターには電光掲示板が設けられています。

電光掲示板

電光掲示板


恐らく、デジタル対応のためか、液晶パネルか何かに改装されているようで、画像もクッキリ・ハッキリでした。

そして旧メインスタンドがあった所は完全に更地になって、立ち入り禁止区域になっていました。新スタンドのオープンに伴って、ホームとバックが入れ替えられましたが、バックストレッチ脇のエプロン(少し広くなっている所)には、「砦の森のバンク」のイラストが。それは新バックが、旧ホームストレッチだったことを、今も語りかけているようでした。

旧メインスタンド跡

更地になった旧メインスタンド跡地


ちょっぴりセンチメンタルになったところで、今度は新メインスタンドへ進みます。

新メインスタンド 4コーナー側入口

新メインスタンド 4コーナー側入口


ちなみにメインスタンドの構造は、1階が一般席、2階と3階が特観席となっています。1階のバンク側と裏側は、壁で仕切られていますが、通路が設けられていて行き来できるようになっています。

新メインスタンド 1Fバンク側

新メインスタンド1階バンク側(撮影は最終レース終了後)


バンクの反対側は、車券売り場となっています。

新メインスタンド 1Fバンク逆側

新メインスタンド1階バンク逆側(撮影は最終レース終了後)


そしてバンク逆側のさらに向こうには、旧正門広場や子ども広場が以前と同じ状態で広がっています。

新メインスタンド裏の広場

新メインスタンド裏の広場


記念競輪最終日ということもあって、場内はかなりごった返していました。そしてレースは後半へ。いよいよ車券モードに突入です。


(そのBへ続く)
posted by wbs at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自腹出張日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80963731

この記事へのトラックバック