2013年11月20日

【山本ディレクターの自腹出張日記】 取手GV「水戸黄門賞」 この当たり車券が目に入らぬか〜!(その@)

わたくし山本が、直近に遠征した全国の競輪場を紹介する記事コンテンツ「山本ディレクターの自腹出張日記」。今回は、去る11月12日(火)に取手競輪場の「開設記念・水戸黄門賞」最終日へ「自腹出張」したリポートです。今回から4回シリーズでお送りします。

今回の取手遠征は、レース観戦もさることながら、昨年の松阪同様、11月24日(日)に行われる「wbsラジオまつり2013」の和歌山競輪PRコーナーで実施する「1着当てゲーム」の賞品買い付けが主な目的でした。しかし11月は、半年前から会議出張が決まっていたり、ラジオまつりの準備があったりと、スケジュールにかなり無理がありましたが、賞品が揃わなければラジオまつり競輪ブースの魅力も半減してしまうと思い、なんとか時間を割いて、取手へ赴くことに決めました。

ただ最近、車券の調子が絶不調ということもあってフトコロ具合は芳しくなく、「車券代が出なくてもいいから、何とか交通費をケチりたい…」。その一心で探し当てたのが、10月27日に運行を開始したピーチアビエーション・関空〜成田便でした。PCで予約を取ると、往復1万5千円余り(クレジットカード取扱手数料含む)で、AN○やJ○Lのほぼ片道分!「これなら、車券で飛行機代が回収できるかも!?」という淡い期待を抱いて(バカ!)の自腹出張となりました。

当日は朝4時半に起きて、JR和歌山駅5:20発のリムジンバスで関空へ。定刻通り6:00に第1ターミナルビルに到着しましたが、ピーチが発着しているのは第2ターミナルビル。南海・JRの関空駅を横目にエアロプラザを抜け、無料連絡バスに乗車するんですが、そのバスはピーチ各便の搭乗客で満席。まさにピストン運行です。バスに6,7分揺られると、まっさらの第2ターミナルビルに到着です。

関空第2ターミナル

関空第2ターミナルビル


写真の奥側が、ピーチの国内線チェックインカウンターです。あらかじめプリントアウトした予約表のバーコードをチェックイン機にかざすと、搭乗券が発行され、保安検査場へ進むという仕組みですが、フロア中程にある6台のチェックイン機は長蛇の列。保安検査場の順番待ちが、さらに延々と続きます。それも当然で、成田便だけでなく、札幌便・福岡便・鹿児島便・沖縄那覇便・沖縄石垣便がほぼ同時に出発するダイヤになっているため、搭乗客が集中するのです。

ピーチアビエーションといえば、元AKB48の篠田麻里子さんがCA(カンパニー・アンバサダー。キャビンアテンダントではない)に就任したことで、大きな話題を集めました。当然、搭乗入口には麻里子様のスタンディングポップが。

篠田麻里子のスタンディングポップ

篠田麻里子のスタンディングポップ


そしてもう一つ話題を集めたのは、麻里子様がデザインした「MARIKO  JET」。乗れたらいいな…、とは思っていましたが、残念ながら別の便に。しかし駐機エリアで、その姿を拝むことができました。

麻里子様ジェット

MARIKO JET


私を含む搭乗直前の人たちが、盛んにデジカメや携帯・スマホカメラのシャッターを切っていました。
ピーチの機内はややシートピッチが短く、足下が狭い感じはしましたが、特に不便は感じませんでした。それも当然。安定飛行に移ると、私は完全に爆睡モードに…。

そして定刻の8:35に成田空港へ到着すると、リムジンバス・国内線到着ロビーを経由して、JR成田空港駅へ歩きます。ここから成田線に乗って、成田駅で成田線我孫子支線に乗り換えて我孫子まで向かう予定。ところがこの日は人身事故の影響でダイヤが乱れていて、ホームに滑り込んできた成田エキスプレスも、すでに出発15分遅れとのこと。それをいいことに、しばし「ライトな鉄ちゃん」モードへ。まずは、停車中の成田エクスプレス(E259系)を写します。

E259系 成田エクスプレス

E259系 成田エクスプレス


柵の向こう側には、京成電鉄のスカイライナーが回送発車待ちでした。

京成スカイライナー

京成スカイライナー


そうこうしていると、私が乗る予定の成田線快速(E217系)がホームに滑り込んできました。停車するのを待って、パチリ!

E217系

成田線快速 E217系

成田空港発着の快速は、成田空港行きが「エアポート快速」、成田空港発がただの「快速」という呼称になっているそうですが、それは和歌山に帰ってから知りました。だって、私は「ライトな鉄っちゃん」ですから…(恥)。

結局、成田駅で乗り換える予定の我孫子行きの電車は成田線の遅れで乗れず、成田駅で約20分の乗り換え待ちに。「こうなるんやったら、成田エキスプレスに乗っといたらよかったかな?」と思いましたが、あとで成田エキスプレスの料金を見てびっくり! 乗らずで正解でした。
さて、その乗り換え待ちの間に、またまた停車中の車両を「ライトに激写」です。まずは銚子方面行きの209系を撮ります。

成田線 209系

成田線 209系


そして、折り返し我孫子行きのE231系がホームに滑り込んできました。常磐線でも活躍で、北関東の方にはおなじみのE231系。ホームに停車してから1枚パチリです。

E231系

E231系


成田駅から出発した我孫子行きから車窓を眺めていると、田園地帯もあって、ちょっとだけ和歌山市周辺と同じ感じがしました(私だけかな?)。その内やはりウトウトと…(寝てばっかりやな?)。そして、約50分かけて我孫子に到着。さらに常磐線に乗り換え、取手に着いたのが予定より約40分遅れのAM11時前になりました。

JR取手駅

JR取手駅


(そのAへ続く)
posted by wbs at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自腹出張日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80961338

この記事へのトラックバック