2013年11月23日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、松阪記念(GV)の3日目9〜11R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【9R S級準決勝】
号砲でF萩原孝之が飛び出すも、正攻法に収まらず他車をけん制し、押し出されるようにB藤木裕が正攻法へ。周回中の位置取りは、近畿2車−南関2車−北日本2車−単騎のA香川雄介−中部2車の順。青板3角(残り2周半)からE高橋和也が上昇を見せると、D菅田壱道が追走し、さらにA香川雄介が追走する。高橋が赤板1角で誘導を交わしてハナに立つと、今度は菅田が2角で叩いて先頭へ。さらにジャンから藤木が叩き、藤木を追走したG上野真吾が叩き返すという目まぐるしい展開に。上野の先行を、最終HSから高橋が巻き返しに出ようとするところを、菅田も併せて踏み上げる。菅田は藤木をキメて(インに押し込んで)3番手を確保し、巻き返しに行った高橋は、菅田の横で脚色が一杯になり、最終BKで後退。その中団のもつれを見た藤木が捲り返しに出ると、好回転で前団に迫る。そして藤木マークのC布居寛幸が千切れているのを見た菅田マークの@成田和也が、藤木後位に切り替える。結局、最終4角で前団を捉えた藤木が、詰め寄る成田を振りきって1着、成田が2着になる。3着には上野マークから伸びた萩原が確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 390円
 3連単 B→@→F 2780円

【10R S級準決勝】
号砲でB池田憲昭が飛び出しSを取り、H守谷陽介を正攻法に迎え入れる。周回中の並びは、瀬戸内2車−中部・近畿3車−関東2車−北日本2車の順。赤板HS(残り2周)を迎えたところで、C守澤太志が踏み上げ、これに併せようとF池田勇人も上昇。@柴崎淳も車を上げていくと、誘導員が待避。ジャン前2角で守澤がハナに立って後方の動きを警戒していると、最後方から守谷が一気に前団へ迫る。これを見た柴崎も一気に踏み上げると、最終HSで守澤を叩いて先行態勢へ。叩かれた守澤は3番手に収まるも、守谷は巻き返しに失敗して早くも後退。柴崎が快調に飛ばすところを、最終2角から池田勇が捲り発進で反撃。柴崎番手のD山内卓也がこれにブロックでの対応を試みると、G明田春喜が内をすくって山内と最終4角でやり合う(捌き合う)ことに。結局、前団のもつれを横目に池田勇が直線抜け出し1着に。2着にはマークのA稲村好将が続き、3着は明田との捌き合いを制した山内が確保しました。

<結果・払戻金>
 2車単 F→A 280円
 3連単 F→A→D 900円

【11R S級準決勝】
号砲で@佐藤友和・F伊藤保文・H和泉田喜一が飛び出し、伊藤がSを取ってG筒井裕哉を迎え入れる。周回中の位置取りは、近畿2車−単騎のE岸澤賢太−北日本・南関3車−岐阜2車−単騎のB野田源一の順。レースが動いたのは赤板HS(残り2周)。A永井清史が上昇し、これに野田と佐藤も追走する。1センターでハナに立った永井を、今度は佐藤がジャン前で叩いてペースアップ。するとジャン過ぎ3角で、筒井がカマシ気味に佐藤を叩いて、一気に先行態勢へ。最終HSで、筒井の仕掛けにE岸澤賢太が3番手に切り替え、佐藤は4番手に収まる。最終3角から岸澤が捲り返しに出るも出脚は今一つで、これに佐藤が乗って2センターから後捲り。結局、佐藤が捲りきって1着になり、2着には佐藤の仕掛けを追いかけた野田が突っ込む。そして3着には、野田の仕掛けを目標に捲り追い込んだ永井が大外強襲する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→B 620円
 3連単 @→B→A 6350円

3つのレースとも、力上位の本命選手がそれぞれの持ち味を活かして、決勝進出を決めました。
9Rは、先行した南関勢を北日本勢が捉えるかと思われましたが、藤木の早めの巻き返しが功を奏しました。菅田の外で高橋が抵抗している状態を、藤木が見逃さずに一気に仕掛けていきました。そこへ俊敏に切り替える成田もさすがでした。あとはこの2車のマッチレース。本命党の方はちょっぴりヒヤヒヤだったでしょうが、S級トップクラスの走りを見せつけてくれました。
10Rもヒヤヒヤながら、池田が爆発力いっぱいの走りっぷりを見せてくれました。柴崎が守澤を叩いての先行はある程度想定内だったでしょう。しかし、守谷の早仕掛け失敗は想定外だったでしょう。もう少し早く仕掛けたかったでしょうが、山内と明田のやり合いもあって、少々危ないシーンもありました。ただ今節を通じて、GVの主役級に成長したのは間違いないと、改めて感じました。
11Rは、佐藤の一瞬の判断が光りました。筒井に叩かれた上に、岸澤に割り込まれる厳しい展開。しかし岸澤の仕掛けに乗り、さらに岸澤が行けないと見るや、外へ車を持ち出す冷静さが感じられました。浅井康太の失格・2日目以降欠場で、チャンス到来だった今シリーズでしたが、「アタマを取って浅井との賞金差を詰める」という気迫を十二分に感じられたレースでした。

さて今週の番組も、いよいよ明日24日(日)に迫ってきました「wbsラジオまつり2013」の和歌山競輪PRコーナーのイベント内容について、改めてご紹介します。なお明日の高知FT・12R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80805708

この記事へのトラックバック