2013年11月09日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、和歌山競輪FU・最終日11R「A級決勝」と、大垣記念(GV)の2日目11R・優秀競走「麋城賞」のWヘボヘボ予想でした。

【和歌山FU・10R「A級決勝」】
号砲直後は全車けん制状態になるも、C岡田泰地が誘導を追いかけ正攻法に入る。序盤の並びは、関東2車−九州3車−単騎のB清水広幸−近畿3車の順。赤板HS(残り2周)を迎え、後方からE野原雅也が踏み上げようとするところ、これを阻まんとD興呂木雄治も併せて出ようとする。ジャン前2角で、野原が中バンクからカントを使って一気に踏み込んで行くと、興呂木も踏み合いを挑んで雁行状態に。野原はジャンでハナを奪うも、マークの@澤田光浩が千切れてしまい、連携が乱れる。野原の番手には興呂木がはまり、興呂木マークのF高鍋邦彰が3番手を確保する。興呂木はやや車間を切って、後方の仕掛けにニラミを効かせると、最終3角から番手捲りに出る。しかし車間を切りすぎたのか、興呂木は車がなかなか前に進まず、野原の横まで来るのが精一杯。最終2センターから、興呂木後位の高鍋が捲り追い込みに出ると、高鍋後位に切り替えていた澤田も中割り気味に突っ込む。結局、直線の伸びに勝った澤田がVゴールを駆け抜け、高鍋が2着。そして最終3角からの混戦を縫って、澤田後位に切り替えた清水が、G長井優斗との写真判定の末、3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 3780円
 3連単 @→F→B 36730円

【大垣記念11R・S級優秀「麋城賞」】
号砲直後ひと呼吸置いて、G濱田浩司が誘導員を追いかけて正攻法に収まる。周回中の位置取りは、瀬戸内2車−埼京2車−北関東2車−中部・近畿3車の順。赤板HS(残り2周)からB木暮安由が上昇して正攻法の濱田を抑えると、木暮の上昇を追いかけたE竹内雄作が、一気に前団を叩いて先頭へ。竹内はジャンで出切ってそのまま全速スパートに入ると、叩かれた木暮は4番手位置をキープ。そして一列棒状で迎えた最終HSから、F平原康多が猛然と捲り返しに出る。竹内番手のA深谷知広がブロックするも、平原はこれをかいくぐって先頭へ。ところが平原のダッシュにマークのC齊藤努が千切れてしまい、深谷は平原後位に切り替えて追走する。深谷は最終2センターから早めの差しに構えると、そのまま後続の追撃を許さず1着になる。2着には深谷マークのH村上博幸が流れ込み、2センターで中に切れ込み直線伸びた@神山雄一郎が3着に突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 A→H 280円
 3連単 A→H→@ 1820円

和歌山FU・A級決勝は、澤田の落ち着いた立ち回りがVを呼び込みました。野原のダッシュに千切れた時は、まさに万事休すといった感じでしたが、高鍋後位の山崎も千切れていたのを見逃さず、高鍋後位に上手く切り替えました。そうなると、あとは興呂木と高鍋がどのタイミングで発進していくか、それに追走していけるのかが、このレースで澤田に課せられた課題となりました。2センターから高鍋が踏み込んで行った時スッと内に切れ込み、高鍋を少し外へ持って行きながらの伸びはさすがでしたし、S級でもまだまだ戦えそうな脚色に見えました。
大垣記念・優秀競走は、深谷のスピードと、こちらも立ち回りの巧みさが目立ったレースでした。レース後のコメントで「平原さんの捲りに気が付かなかった」と反省していましたが、それに上手く切り替えられたのは、持ち前のダッシュ力ゆえでしょう。そして一瞬脚を休ませてからの差し脚は、安心して見ていられるものでした。選手としては後輩ですが、年齢では先輩の竹内のアシストもあって、あまり疲れを残すことなく取れた1着だったかと思います。一方、竹内を捲った平原も、完全復活したと言っても良さそうです。深谷に番手捲られたことは「そこからは脚力不足です」と謙遜していましたが、タイミングはドンピシャで、体がしっかり反応できているのを証明しました。競輪祭まであと1ヶ月を切りましたが、あとほんの少しの上積みで上位陣と良い勝負ができるでしょう。それを期待したいと思います。

さて今週の番組は、明日の取手記念11R・優秀競走「助さん角さん賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへは夜8時半頃アップする予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79850503

この記事へのトラックバック