2013年11月02日

11/3 和歌山FU・10R「A級決勝」&大垣記念GV・11R優秀競走「麋城賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(3日)の和歌山競輪FU・最終日11R「A級決勝」と、併売場外が行われる大垣記念(GV)の2日目11R・優秀競走「麋城賞」のWヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●和歌山FU・最終日

《第10R A級決勝》

本線 穴
◎   1 澤田光浩(福井)
  ○ 2 山崎岳志(佐賀)
    3 清水広幸(愛知)
  ☆ 4 岡田泰地(栃木)
☆ × 5 興呂木雄治(熊本)
×   6 野原雅也(福井)
▲ ◎ 7 高鍋邦彰(福岡)
    8 長井優斗(東京)
○ ▲ 9 前田 新(大阪)

並び ←E193 DF2 C8
※報知新聞・長谷川徹記者の現地取材による

各派拮抗だが、伸び盛りの若手が引っ張る4人ラインが優勢か。他派はどう出る?
並びは、近畿が福井2車の後ろにH前田が付け、さらにB清水が「近畿の後ろ」とコメントし、中部・近畿の4人ラインとなった。九州はD興呂木が「前回り」を宣言し、番手にF高鍋、3番手にB山崎となった。関東2車も前後が注目されたが、C岡田が自力、G長井が「岡田君マーク」となった。展開は、野原・興呂木の主導権争いを岡田が捲り返すという流れが自然だが、連日強引な先行策を見せる野原が最終主導権か。ならば番手マークの@澤田が有利に運ぶと見て、澤田に本命の◎印を付ける。昨夏のS落ち後もA級戦でまずまずの戦歴を挙げている澤田だが、4場所前の8月地元・福井FUで、地区違いの成松春の先行を差し切ってVを決めている。今節の勝ち上がりはD着・2着だが決して動きは悪くなく、明日は野原の先行を活かし番手の仕事をこなして、Vをつかんでもらいたい。対抗は、ライン3番手のH前田を指名。今夏のS落ち後はVこそないが、ほとんどの開催で車券に絡んでいる。今節はC着・3着の勝ち上がりだが、タテ・ヨコともにもう少しキレが欲しいところ。明日は近畿3番手だが、しっかり追走できれば、直線伸びて良い勝負ができようか。
穴軸にはF高鍋を推す。前回の高松FUでは初日特選でG着に終わり2日目以降欠場となり、今節も初日特選で先行したもののG着と大敗。デキが心配されたが、今日の準決では、野原雅の先行を最終3角からの捲りで仕留めて1着となるなど、調子そのものは決して悪くはなさそう。明日は、前を任せる興呂木が主導権取り成功なら、番手捲りも含めて早めに発進することも考えられるし、興呂木が不発でも自力発動で好勝負まで持ってくるか。高鍋マークから伸びるA山崎、逃げ残りを図るD興呂木、捲り脚なら引けを取らないC岡田あたりは、2〜3着あたりで押さえておきたい。

<本線予想> 1=9 1=7 1→6 1→5
<穴予想> 7=2 7=9 7→5 7→4


●大垣記念GV・2日目

《第11R S級優秀「麋城賞」》

本線 穴
  ☆ 1 神山雄一郎(栃木)
◎   2 深谷知広(愛知)
× ▲ 3 木暮安由(群馬)
    4 齊藤 努(東京)
☆ ◎ 5 岩津雄介(岡山)
    6 竹内雄作(岐阜)
▲ ○ 7 平原康多(埼玉)
  × 8 濱田浩司(愛媛)
○   9 村上博幸(京都)

並び ←EA9 F4 B1 G5
※「HIKARI.com」による

豪脚選手が揃うも、軸はハッキリしている。あとはラインで決着か?筋違いなのか?
関東4車の並びにまずは注目が集まったが、埼京と北関東で2車ずつ分かれることになった。また中部はE竹内が前を回り、A深谷がマーク戦を選択。その3番手にをH村上が「世話になっているし」固めることになった。展開は地元記念に燃える竹内が強引にハナを切り、A深谷が番手捲り含みで有利に立ち回ると見て、深谷を本命視する。前回の熊本GVでも、舞台が500バンクなのを感じさせないパワフルな走りを披露。決勝では師匠の金子貴のVに貢献するとともに、2着に逃げ粘った。今日の初日特選は、番手が山口富だったこともあって、やや気を使ってジャンからの仕掛けになったが、山口は千切れてしまい、単騎での先行策となった。それでも後方を完封し、見事な1着でシリーズを好スタートさせた。明日は番手戦だが、後続の仕掛けを受ける前に先捲りで発進して、そのまま押し切ると見てよさそうだ。竹内が主導権取りに失敗しても、自慢のスピードを炸裂させるだろう。対抗は、深谷マークのH村上。近歴は順調そのもので、2場所前の平塚FTでは、決勝で他地区ながら先行してくれた桐山敬を交わしてのVを飾った。しかも続く防府FTでは、初日・2日目と奥の手の捲りを出してA・1での優参を果たした。明日は深谷追走だが、しっかり食らい付くことができれば、ゴール前で詰め寄り、さらに逆転劇まで期待できるか。
穴軸はD岩津を狙う。前回の青森FTでは、E着・6着(落車滑入)で無念の3日目欠場となった。「中4日で、体が動かない」と前検日にコメントしたが、今日の動きもやや物足りなかった。ただ濱田浩の捲りを追走できたことで、気持ちにも余裕が出て来るだろう。明日はワンチャンスを活かした濱田の仕掛けに乗って突っ込めるなら、アタマ勝負での高配演出を期待したい。完全復活の気配漂うF平原・B木暮、伸び勝負に賭ける@神山、一発捲りなら侮れないG濱田は、2〜3着受けで絶対押さえなければならないだろう。

<本線予想> 2=9 2=7 2→3 2→5
<穴予想> 5=7 5=3 5→8 5→1

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79765144

この記事へのトラックバック