2013年10月19日

10/20 千葉記念GV・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(20日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、千葉記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●千葉記念GV・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
○   1 岡田征陽(東京)
  ○ 2 金子貴志(愛知)
× ◎ 3 佐藤友和(岩手)
  ▲ 4 南 修二(大阪)
☆   5 後閑信一(東京)
  × 6 小松崎大地(福島)
▲   7 池田勇人(埼玉)
    8 三谷竜生(奈良)
◎ ☆ 9 平原康多(埼玉)

並び ←FH15 G4 A E3
※千葉競輪HPによる

地元南関勢は準決で全滅。“準地元”の埼京勢が強力だが、他派もワンチャンス狙う。
一本か別線かで注目された埼京4車の並びは「一本で回る」で落ち着いた。@岡田が「埼玉へ付ける」と話せば、タイトルホルダーのD後閑が「埼京4番手」とライン固めを宣言。またA金子は「単騎で自力」とコメントし、近畿・中部は別線となった。展開は、E小松崎とF池田がいずれも「先行基本」のコメントを出しているが、ラインの長さを活かした池田が主導権を取りきるだろう。ならば、番手回りから早めの抜け出しを図るH平原が有利にレースを運ぶと見て、平原を本命視する。2月の全日本選抜で優勝してGP出場権一番乗りを果たした平原だが、その後も落車が続くなど、波に乗りきれない日々が続いた。ただ3場所前の青森FTで完全Vを果たすと、京王閣ASでも準決まで進出、前回向日町GVでは決勝2着と、復活傾向を印象づけた。今節は、連日、池田勇の先行アシストもあって、3連勝での優参。直線の伸びはもう一伸び欲しいようにも見えるが、展開が味方してくれている。明日も池田勇の先行を活かしての直線勝負になるだろうし、仮に主導権取りに失敗しても、奥の手の自力発動で活路を見い出すだろう。対抗は平原マークの@岡田。GP出場のためには、まさに今が正念場だが、前回の防府GVでは準決4着で優参を逃し、「賞金ランクでのGP出場は厳しい」と前検日にコメントした。しかし開き直りもあったか、今節は@・A・2で決勝まで勝ち上がってきた。しかし、初日特選では池田勇を交わしており、その後の2走は、いずれも前を任せた平原康に詰め寄っている。明日は、平原が踏み込んで行くタイミングで遅れを取らなければ、今の調子なら接戦勝負まで持ち込めるだろう。
穴軸は、小松崎の仕掛けに乗って突っ込むB佐藤を指名。前回防府GV・前々回青森GVに続く優参で、好調は持続できていると見たい。今節も初日特選で、叩かれた平原の番手で粘って後閑に競り勝つなど、好調ぶりだけでなくヨコの捌きの上手さをアピールした。明日も小松崎マークからのレースだが、ライン2車でもカマシて先行してくれれば大チャンス到来だし、中団確保からイン強襲で直線一気の伸びを見せてくれるのも期待したい。単騎で自分のタイミングで仕掛けられるA金子、三谷マークからタテ脚伸ばすC南、持ち味の先行力で逃げ粘るF池田は、アタマも含めて押さえが必要だ。

<本線予想> 9=1 9=7 9→3 9→5
<穴予想> 3=2 3=4 3→6 3→9

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78593711

この記事へのトラックバック