2013年10月12日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、防府記念(GV)の2日目11R・優秀競走「天神杯」のヘボヘボ予想でした。

号砲直後、一瞬けん制が入るも@浅井康太・C新田康仁・F勝瀬卓也が誘導員を追い、浅井が正攻法に収まる。序盤の位置取りは、中部2車−南関2車−北日本2車−関東2車−単騎のE東口善朋の順。33バンクらしく、青板BK(残り2周半手前)からレースが動き、最後方からH矢口啓一郎が踏み上げてイン切り気味にハナに立つと、これを追いかけたA山崎芳仁と、再度踏み上げた浅井が、赤板HS(残り2周)から雁行状態となる。山崎が1センターで先頭に立つと、東口がこれを追走し、さらにジャン前BKから新田が踏み込んでカマシ先行策に出る。そして最終HSから、6番手位置の浅井がダッシュ良く捲りを仕掛けると、最終2角で新田番手・勝瀬のけん制をかいくぐり先頭へ。結局、浅井が後続を振りきって1着。浅井の捲りを追走した矢口の後位からB岡田征陽が直線鋭く伸びて2着に飛び込み、浅井後位での捌き合いを制した勝瀬が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→B 1430円
 3連単 @→B→F 9230円

超細切れ5分戦の激戦を制したのは浅井でしたが、各選手の持ち味が十二分に出た好レースでした。浅井は最終HSからの仕掛けでしたが、その前の赤板HSで一瞬脚を使っています。それにもかかわらず、踏み込みはかなりの出色でしたし、マークの志智も、勝瀬に絡まれたからとはいえ、G前追走しきれませんでした。何度も踏み直せる脚力の強さが浅井の持ち味ですが、初日特選で先行、2日目以降は捲りと、このシリーズは連日自力戦。最終日決勝でも見事な捲りを披露して優勝しましたが、今の浅井を止められる選手はいるのか、とこのレースを見て感じました。
5着に終わりましたが、新田のダッシュ力には目を見張りました。徹底先行不在のこのレースで、矢口が主導権かと思いきや、一瞬のスピードでカマして先行。しかも最終3角から4角まで浅井と雁行状態になり、1〜2度自らけん制も入れていました。その上での粘り込みですから、かなり本調子に近いところまで戻ってきているように見えました。優参こそ逃しましたが、今後も注目してみたいと思います。

さて今週の番組は、明日の熊本記念・11R優秀競走「火の鳥賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへは夜8時半頃アップする予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77920056

この記事へのトラックバック