2013年10月05日

10/6 防府記念GV・11R優秀競走「天神杯」 予想

今週のブログ予想は、あす(6日)和歌山競輪場で場外発売が行われる防府記念(GV)の2日目11R・優秀競走「天神杯」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●防府記念GV・2日目

《第11R S級優秀「天神杯」》

本線 穴
◎   1 浅井康太(三重)
  ▲ 2 山崎芳仁(福島)
○ ☆ 3 岡田征陽(東京)
  ○ 4 新田康仁(静岡)
▲ ◎ 5 佐藤友和(岩手)
    6 東口善朋(和歌)
  × 7 勝瀬卓也(神奈)
×   8 志智俊夫(岐阜)
☆   9 矢口啓一郎(群馬)

並び ←H3 6 @8 D2 C7
※防府競輪HPによる

先週と同様、初日特選は順当な結果に。33バンクの細切れ戦で、混戦の要素も。
並びコメントは予想通りだったが、E東口が中近連携を選択せず、今日と同様「切れ目から」とコメント。展開は読みにくいが、H矢口が果敢に飛ばして行きそうで、残りの自力3車が捲り合戦に持ち込むと見た。そうなれば、立ち回りの上手さとスピード、腹の括り方で、他より一歩リードしている@浅井を本命視する。前回の向日町GV決勝では、村上博を従えての自力策だったが、平原康に先手を取られ、中団争いの後捲り返したものの、優勝した木暮安に厳しいけん制を喰らって9着大敗だった。ただ前検日に「前回は事故点で動きに制限があった」と、やむを得ない結果だったことを認めた。今日の初日特選では、先行勝負を敢行して2着に粘るなど、好調ぶりは相変わらずだ。明日はタイミングを図っての捲りや、流れ次第での先行でも、今日の再現を期待したい。対抗は、矢口の仕掛けをマークして伸びるB岡田を指名。前回・青森GVから中2日での追加あっせんで、本人も「まだ終わった気がしていない」と前検日に話した。ただ青森では、連日、自力発動での戦いを強いられたシリーズだったが、B・B・3・Dと着をまとめることができ、完全復活まであと一歩の所まで来ている様子がうかがえた。今日の初日特選は3着だったものの、前を任せた矢口が新田康の番手にはまるというラッキーな展開にも助けられた。明日は矢口が主導権取りに成功すれば、番手からしっかり伸びきってアタマ勝負まで持ち込みたいところだ。
穴軸は、穴にならないかもしれないがD佐藤を推す。前回・青森GVは決勝4着に終わったが、「タイムが出ていただけに優勝したかった」と、前検日のコメントは悔しさ一杯だった。確かに準決までの3走は抜群の動きだったし、準地元バンクでのGVで気合いも入っていただろう。その悔しさを、中2日ながら防府で晴らしてもらいたいところだ。今日の初日特選は、先に捲った東口善が少し邪魔にはなったが、外バンクをしっかり踏み切って山崎芳とのワンツー決着。明日も今日と同様の流れになれば、痛快ショットでアタマ強襲も十分ある。初日の動きよかったC新田、パワー全開のA山崎、ラストまでしっかり踏み切って粘り込むH矢口あたりも見逃すことはできない。

<本線予想> 1=3 1=5 1→8 1→9
<穴予想> 5=4 5=2 5→7 5→3

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77584459

この記事へのトラックバック