2013年10月05日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、青森記念(GV)の2日目11R・優秀競走「八甲田賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲とともに飛び出したB深谷知広とH佐藤友和が誘導員を追い、踏み込んだ佐藤がSを決める。序盤の位置取りは、佐藤−マークのG中村浩士−愛知2車−福島2車−関東3車の順。レースが動いたのは青板3角(残り2周半)。最後方からD岡田征陽が踏み上げ、中団の深谷を一旦抑えた後、さらに上昇して正攻法の佐藤を抑え込む。佐藤は車を下げ、正攻法位置が岡田に入れ替わると、ジャン前2角から@新田祐大が踏み上げ、ジャンで岡田を叩いて先頭に躍り出る。そして新田を追走した深谷が、中団で岡田マークのA長塚智広に絡まれ仕掛けられないのを見て、新田が最終HSから全速先行に入る。深谷は立て直すも、新田と脚が合ってしまい(スピードが同じになってしまうこと)出切れず、最終1センターで失速、後退。中団のもつれを見て、佐藤が最終BKから捲り返すと、好スピードで前団に迫る。結局、3番手位置の岡田のけん制をくぐり抜けた佐藤が、直線強襲して1着になる。2着には新田が逃げ粘り、3着には岡田が入線する。

<結果・払戻金>
 2車単 H→@ 3080円
 3連単 H→@→D 38310円

佐藤友の一瞬のスピードの切れが目立ったレースでしたが、先行して2着に粘った新田の強さも改めて認識させられました。勝った佐藤友は、最終BKで深谷が後退したタイミングを見計らっての捲り返しでした。中団がもつれ気味になっていると、捲り上げて来た選手へのケアが疎かになることから、それを見越しての捲りならさすがです。今後も自力・マーク併用のレースが続くでしょうが、持ち前のスピードとパワーがあれば難なくこなしてくれることでしょう。
そして新田は深谷に影すら踏ませず、“先行勝負”という視点では完勝でした。しかも3番手位置の岡田は仕掛けることができず、むしろ出て行くタイミングをギリギリまで貯めるほどのカカリ具合。番手マークの佐藤慎に至っては、「付きバテでハコ4」となってしまいました。現状の自力型では、輪界トップであることを改めて知らしめました。
一方、主導権争いに敗れた深谷ですが、巻き返しに行こうとした際、長塚から受けた2〜3発のブロックがかなり効いたかもしれません。ペースアップしようとした時にもらってしまったことで、思い通りの加速ができなかったのが見て取れました。決勝では、お得意のジャン前カマシで新田にリベンジしましたが、今後、秋シーズンから競輪祭、年末のグランプリまで、こういったシーンが繰り返されることでしょう。2人のドッグファイトをさらに注目して見てみたいと思います。

さて今週の番組は、「わかちゃんファンCLUB会報連動企画」として、地元和歌山・西岡正一選手(84期)のインタビュー・後篇をお送りします。明日の防府記念・11R優秀競走「天神杯」の見どころ&ヘボヘボ予想は、夜8時半頃、当ブログへアップする予定です。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77271583

この記事へのトラックバック