2013年09月28日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、京都向日町記念(GV)の2日目11R・優秀競走「朱雀賞」と、12R・震災復興支援レース「チャリーズ杯」のWヘボヘボ予想でした。

【11R S級優秀「朱雀賞」】
号砲で単枠3車がけん制気味に出ると、B松岡貴久が誘導を追いかけて正攻法へ収まる(記録はS)。序盤の並びは、西日本2車−京都2車−関東2車−千葉2車−単騎のE菅田壱道の順。青板3角(残り2周半)からH海老根恵太が踏み上げ、関東ラインと菅田もこれを追走する。赤板1センターで海老根がイン切り気味に先頭に立つと、すかさずA平原康多が叩き、さらに一旦下げたF藤木裕がジャンで叩き返して先頭へ。叩かれた平原は3番手に入り、インをすくった菅田が5番手位置を確保して、隊列一本棒で最終HSを通過。最終2角を迎えて平原が先に捲りを仕掛けると藤木番手の@村上博幸が、やや追走に苦しむG浦川尊明を捌きながら切り替え追走する。結局、村上がゴール寸前で平原を差し交わして1着、平原が2着になる。3着は、諦めずに前団を追いかけた浦河が確保しました。

<結果・払戻金>
 2車単 @→A 1290円
 3連単 @→A→G 7030円

【12R 震災復興支援レース「チャリーズ杯」】
号砲直後けん制状態になるも、B成田和也とC加藤慎平が誘導員を追いかけ、成田が正攻法に収まる。周回中の位置取りは、北日本3車−近畿・中部3車−関東3車の順。赤板HS(残り2周)からD池田勇人が上昇して、正攻法のE坂本貴史を抑えると、池田の動きを追走したG西谷岳文が、ジャンで池田を叩いて先頭へ。ところが下げきった坂本が、すかさず叩き返して一気に先頭へ躍り出る。最終HSを一列棒状で通過するも、最終2角から西谷が先に捲ると、坂本番手の成田が西谷をブロック。その西谷の捲りに乗っかる形で、池田も外バンクを捲り上げる。結局、池田がゴール直前で成田を捉えて1着になり、成田が2着。池田マークのA岡田征陽が3着に突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 D→B 1650円
 3連単 D→B→A 3850円

優秀競走「朱雀賞」は、藤木の先行を上手く活かした村上が制しました。平原の捲りに切り替え追走しての差し交わしでしたが、藤木の全速先行で惰力をもらっていた分だけ、切り替え・差し込みがスムーズにいったのでしょう。平原も3番手を確保してから、うまくタイミングを図っての捲りでしたが、マーク・浦川のクチが空いてしまった分だけ村上に付け入るスキを与えてしまいました。京都2車と関東2車のチームプレーの差が出たレースだったように感じました。
震災復興支援レース「チャリーズ杯」は、池田のパワーが光りました。展開的にも成田が万全の体勢に持ち込んではいましたが、西谷の捲りを7番手から追走した際に「逆に開き直った」とのこと。そして成田が西谷を捌いたことで、池田の姿をケアできなかったようにも見えました。様々な有利な要素が重なったことで、池田が1着となりましたが、池田のパワー・スピードは完全に本格化に入ったと見て良いでしょう。Gレースの上位級と遜色なく戦えるだけの脚力があります。今後の活躍にさらに期待がかかります。

さて今週の番組は、「わかちゃんファンCLUB会報連動企画」として、最近絶好調の地元和歌山・西岡正一選手(84期)のインタビュー、2回シリーズの前篇をお送りします。明日の青森記念・11R優秀競走「八甲田賞」の見どころ&ヘボヘボ予想は、夜8時半頃、当ブログへアップする予定です。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76309052

この記事へのトラックバック