2013年09月21日

9/22 京都向日町記念GV・11R優秀競走「朱雀賞」&12R震災復興支援レース「チャリーズ杯」 予想

今週のブログ予想は、あす(22日)和歌山競輪場で場外発売が行われる京都向日町記念(GV)の2日目11R・優秀競走「朱雀賞」と、12R・震災復興支援レース「チャリーズ杯」のWヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●京都向日町記念GV・2日目

※明日は、12Rで「震災復興支援レース チャリーズ杯」が行われる関係で、11R「S級優秀」の発走時刻が通常と異なります。電話投票・前売り車券購入等の際は、十分にご注意下さい。


《第11R S級優秀「朱雀賞」》

本線 穴
◎   1 村上博幸(京都)
▲ ○ 2 平原康多(埼玉)
  ▲ 3 松岡貴久(熊本)
    4 池田 良(広島)
  ☆ 5 中村浩士(千葉)
    6 菅田壱道(宮城)
○   7 藤木 裕(京都)
☆ ◎ 8 浦川尊明(茨城)
× × 9 海老根恵太(千葉)

並び ←F1 A8 E B4 H5
※スポーツニッポン・亀田克也記者の現地取材による

初日特選は波乱の連続。優秀戦は地元ライン優勢だが、他派も黙ってはいない。
並びコメントが注目されたH海老根は「自力」と話し、E菅田との連携を選ばなかった。後は京都・関東・西日本で2車ずつとなった。展開は、5分戦だけに、誰が主導権をどのタイミングで奪うかにかかってくる。地元GVに燃えるF藤木の先行意欲が高そうで、番手を回る@村上が有利にレースを運びそうで、村上に本命の◎印を打ちたい。前回のASでは、去年の親王牌以来となるGT優参を果たし、完全復活を印象づけた。藤木裕の先行をハコ回りした決勝では、新田祐に捲られはしたものの、新田マークの成田和を厳しくブロックして、見せ場を作った。今日の初日特選では、竹内雄マークから平原康の捲りを喰らったものの、しぶとく3着を確保した。明日はAS決勝でも連携した、練習仲間の藤木に前を任せるだけに、地元ファンの期待に応える走りを見せてくれるか。対抗には、そのF藤木を推す。前回ASは前述の通り優参を果たしたが、連日積極的な走りを披露しており、大いに評価できるものだ。特に準決では、新田祐に番手にはまられなからも3着に逃げ粘り、持ち味のスピード・パワーを披露した。明日は平原がいるものの、比較的スンナリ主導権を奪える流れになりそうで、後方からの仕掛け次第では逃げ粘ることも十分あるだろう。
穴軸は、思い切ってG浦川を指名。前回ASは一予で敗退したが、負け戦で1勝・2着1回と気を吐いた。今日の初日特選では、平原の捲りを追走して、ゴール寸前鋭く差し切った。追い込みの競走にも慣れてきただろうし、明日も平原に前を任せて今日の再現といきたいところだ。明日のメンバー中で、高配を呼んで来てくれそうな選手の筆頭格だ。A平原の押し切り、B松岡・H海老根の一発捲り、D中村の強襲にも注意が必要だ。

<本線予想> 1=7 1=2 1→9 1→8
<穴予想> 8=2 8=3 8→9 8→5


《第12R S級「震災復興支援レース チャリーズ杯」》

本線 穴
▲ ☆ 1 伏見俊昭(福島)
○ ○ 2 岡田征陽(東京)
◎ × 3 成田和也(福島)
    4 加藤慎平(岐阜)
☆ ◎ 5 池田勇人(埼玉)
    6 坂本貴史(青森)
× ▲ 7 南 修二(大阪)
    8 西谷岳文(京都)
    9 稲村成浩(群馬)

並び ←D29 E31 G74
※スポーツニッポン・亀田克也記者の現地取材による

輪界スターが震災復興を願い、真剣勝負を繰り広げる。この思い、被災地へ届け!
出場メンバー決定時に想定された通り、並びはスンナリ決まり、北日本・関東・近畿の3分戦となった。展開は、BK回数・自力での決まり手で他を圧倒するD池田の主導権で概ね良かろう。しかし番手マークのA岡田よりも、展開いかんに関わらずG前強襲してきそうなB成田を本命視する。前回ASは、11Rの予想でも述べたように、村上博の強烈ブロックで新田祐追走を阻まれた。しかし「新田が飛ばされたと思った判断ミスもあった」と冷静にレースを振り返るところはさすがだ。震災復興支援というお題目が付いている以上、結果を期待してしまうのは、本人も分かっていることだろう。福島のエースとして、表彰式に登場してくれるのを期待しよう。対抗は、池田の仕掛けに乗って突っ込むA岡田。前回は地元・京王閣でのASだったが、準決で8着敗退を喫して優参を逃した。近歴やや回復傾向で迎えたものの、伸びは2〜3年前のキレキレぶりからは、まだ道半ばか。しかし明日は積極駆けの池田が前回りだけに、最終4角で番手絶好なら、何も考えずに前へ踏んでもらいたい。
穴軸は、そのD池田を指名。ASでは予選スタートながら2・2で準決まで進出し、近歴の好調・成長ぶりを遺憾なく発揮した。直近4か月でのBK本数が14本だが、それ以上にすごいのが先行9・捲り11の決まり手。BK数よりも自力の決まり手の数が多いのだから、レース運びがいかに積極的で、なおかつ着に絡んでいるかが見て取れる。明日は坂本貴との叩き合いも考えられるが、主導権さえ取れれば、自分のレーススタイルに持ち込めるはずだ。北日本3番手から伸びる「チャリーズ」提唱者の一人である@伏見、近畿の意地で上位を脅かすF南にも期待をかけたい。

<本線予想> 3=2 3=1 3→7 3→5
<穴予想> 5=2 5=7 5→3 5→1

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
こんにちは。
テレビ和歌山杯、トークライブがとても面白かったです。ないないの1枚の行方が、更にオマケの楽しみでよかったです。よく1枚残ったものです。1日ゆっくりさせて頂きました。

向日町2日目

11R 7−2−1
地元選手でもあり、9人の予想の中で先捲とあったのは、藤木選手だけでした。押し切ってくれる事を願います。
2着には、村上選手を押したかったのですが、地元勢のワンツーというレース結果を知らないもので、3着に村上選手とし、2着に埼玉の破壊力と言われている平原選手を考えてみました。
中村・海老原選手も気になります。
なかなか見所のあるレースなので、どの選手もみんな応援したくなってしまいました。

12R 3−2−7
福島という事から、成田選手。
キレキレというのを一度見てみたいので、2着に岡田選手。
3着に、南選手。自分の隣の市に住んでおられるようなので。

とても良い天気ですし、好レースになればと思います。
Posted by 大塚 法明 at 2013年09月22日 15:04
大塚法明様

コメントありがとうございます。そして、9/19(木)の本場FT・最終日へのご来場、誠にありがとうございました。
今週もなかなか鋭いところを予想されていましたが、結果に結びつかず残念でしたね。
大塚さんは競輪初心者ですから、ラインのでき方や、ライン内の各選手(先行・番手・3番手)の役割などが分かってくるようになれば、的中にググッと近づいてくると思いますよ。取りあえず、今されているような予想形態で競輪の楽しみ方をつかんでいって、そうしながらラインへの理解も深めていって下さい。
Posted by 山本D at 2013年09月22日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76222056

この記事へのトラックバック