2013年09月07日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、岐阜記念(GV)の2日目11R・優秀競走「かがり火賞」のヘボヘボ予想でした。

H矢口啓一郎が当日欠場で、8車立てになったこのレース。号砲でC後閑信一がゆっくりと誘導員を追い、そのまま正攻法に収まる。序盤の位置取りは、東日本2車−京都2車−単騎のE磯田旭−九州2車−単騎のA浅井康太の順。赤板HS(残り2周)からD菅原晃が上昇すると、F稲垣裕之も踏み上げて前団争いの様相を見せる。ジャン前BKで菅原が一旦ハナを切るものの、稲垣がジャンからすかさず叩き返しに出る。この際、稲垣番手の@村上義弘へ磯田が追い上げて競りを挑むと、後閑も追い上げマーク策に出ようとする。最終HS手前で後閑は失速し、後退。村上と磯田の番手戦も、村上が最終1センターで競り勝ったものの、直後の稲垣の加速に追走できず後退。空いた稲垣後位を求めて、G高木隆弘がインをすくって追い上げ、菅原がこれに続いて3番手を確保する。結局稲垣が、後方のもつれを尻目に、後続の追撃をなんとか振り切って1着になる。2着には内を突っ込み中を割って伸びたB園田匠が入り、高木が僅差の3着となりました。

<結果・払戻金>
 2車単 F→B 10620円
 3連単 F→B→G 151350円

矢口の当日欠場で、各選手の作戦も変更を余儀なくされました。単騎となった磯田は、村上へ競りかける追い上げマーク策を選択しましたが、その結果、稲垣に展開が有利に働きました。春以降好調が続く稲垣でしたが、このレースも見事な逃げ切りでした。前日の初日特選でも、村上がやっとの思いで差し切ったように見えましたが、稲垣のカカリが良かったからでしょう。この日も番手にはまった高木が「稲垣が強かったんで、最後は脚が一杯になった」とレース後にコメント。それも無理からぬこと。今の稲垣は、それだけの強さが戻ってきました。悲願のGT制覇のチャンスも、オールスターで今度こそつかんでくれるはずです。期待して見ていきたいと思います。
8着に終わりましたが、磯田のファイトには拍手を送りたいです。GPチャンピオン・村上に競りを挑んでいくのは、なかなか勇気の要ることとは思いますが、持ち前の強気の攻めを披露してくれました。最終HSで村上が捌くのに苦労させられる姿を見ると、関東の若手にまた一人、キツイ競りを仕掛けてくるマーク屋が出てきた感があります。今後テクニックが上達し、追い込み屋として成長していけば、宗景祐樹や飯嶋則之といった栃木の先輩マーカーと引けを取らないぐらいにまでいなってくれるでしょう。磯田の今後の成長ぶりも要チェックです。

さて今週の番組は、「和歌山放送 ありがとう55年キャンペーン」スペシャルウィーク記念特別企画「リスナープレゼント大会スペシャル」をお送りします。競輪ファンなら喉から手が出るほど欲しくなる、あの品、この品をドドンとプレゼントします。

絶対、お聞き逃しのないように!!

なお、明日の福井FT・2日目9〜11R「S級準決勝」の見所&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜9時頃の予定です。また、番組内容や予想、その結果などについてのコメント等々がございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73875388

この記事へのトラックバック