2013年08月31日

9/1 岐阜記念GV・11R優秀競走「かがり火賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(9月1日)和歌山競輪場で場外発売が行われる岐阜記念(GV)の2日目11R・優秀競走「かがり火賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●岐阜記念GV・2日目

《第11R S級優秀「かがり火賞」》

本線 穴
◎   1 村上義弘(京都)
○ ☆ 2 浅井康太(三重)
  × 3 園田 匠(福岡)
☆ ▲ 4 後閑信一(東京)
    5 菅原 晃(大分)
  ○ 6 磯田 旭(栃木)
▲   7 稲垣裕之(京都)
    8 高木隆弘(神奈)
× ◎ 9 矢口啓一郎(群馬)

並び ←F1 H6 C8 A D3
※「HIKARI.com」による

超細切れ5分戦。タテ脚切れる面々が目白押しで、出入りの激しいレースになるか。
並びコメントで注目された東日本勢は、北関東2車H矢口−E磯田と、残る2車C後閑−G高木で別線となった。九州と京都は予想通りで、A浅井も「単騎で自力」を選択した。展開は、今日と同様、F稲垣が積極的に駆けて行くと見られ、マークする@村上に有利な流れになろう。そこで本命は@村上に付ける。SS班各選手が、真夏のGVに参戦するなか、松戸GVを欠場。サマーN以来のレースだが「休養できたし、練習もできた」と、万全の調整ができたようだ。それを証明するかのように、今日の初日特選では、近歴好調の稲垣裕の番手マークからきっちり差し切った。明日も稲垣の主導権取りが見込まれ、本人の体調も万全なら、連勝濃厚だ。対抗はA浅井。松戸・小田原のGV連戦も好成績でクリアー。今回の岐阜は中2日での参戦だが、前検日のコメントでも「休養だけで過ごした」と体調維持に努めたようだ。今日の初日特選では、最終HSから捲り、高木隆の厳しいけん制を受けながらも、2着を確保した。レースぶりから見れば、体調不安はなさそうだし、明日は細切れ戦の中で、単騎で自力という自分のタイミング・位置取りで走れるのも好都合だろう。ワンチャンスを活かした捲りで、まとめて面倒見るか。
穴軸はH矢口を指名。前回小田原GVでは優参を果たし、好調ぶりを印象づける結果を残した。こちらも浅井と同様、前検日には「疲れが出なければ」と話していたが、最終HSからの捲り返しはやや重そうに見えたが、直線で伸び返して3着に入った。タテ・ヨコともに達者な矢口だけに、中団好位置を確保できれば、切れ味鋭い一発捲りが炸裂するか。F稲垣の逃げ残り、自力にこだわるC後閑の伸び脚、矢口マークから突っ込むE磯田の自在脚にも注意を払いたい。

<本線予想> 1=2 1=7 1→9 1→4
<穴予想> 9=6 9=4 9→3 9→2

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73771986

この記事へのトラックバック