2013年08月24日

8/25 小田原記念GV・11R優秀競走「銅門賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(25日)和歌山競輪場で場外発売が行われる小田原記念(GV)の2日目11R・優秀競走「銅門賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●小田原記念GV・2日目

《第11R S級優秀「銅門賞」》

本線 穴
◎   1 長塚智広(茨城)
▲ ◎ 2 佐藤友和(岩手)
☆ ▲ 3 稲川 翔(大阪)
    4 山口富生(岐阜)
  ☆ 5 村上博幸(京都)
    6 大木雅也(静岡)
×   7 矢口啓一郎(群馬)
  ○ 8 林 雄一(神奈)
○ × 9 浅井康太(三重)

並び ←F1 B5 A86 H4
※「Keirin.jp Stream」の翌日開催情報による

4分戦も自力型が軒並み捲り志向で混戦必至。主力と他派に差はなく実力伯仲だ。
並びコメントは想定通り。近畿・中部は別線になり、関東もF矢口が「自力」とコメント。北日本&南関の3人も結束するようだ。展開は、捲り志向の自力型4車の中で、誰が先行するのかに左右されるが、近歴のBK数や積極性などから考えれば、F矢口がダッシュを活かしたカマシでハナを切って行くものと見る。矢口の積極駆けが決まれば、ハコ回りする@長塚の出番で、本命視したい。長塚は4月の福井・共同杯でVを飾り、調子を上げていくかと思われた。ところが6月岸和田・宮杯の二予で落車失格を喰らい、親王牌でも準決進出したものの敗退し、シリーズ通して精彩を欠いた。しかし前回の富山GVでは、決勝で伸び盛りの池田勇を差し切り、Vをもぎ取った。明日は、飛んでくる捲り勢をしっかり捌き切れれば、矢口とのワンツーも決められるだろう。対抗はH浅井。こちらは先週の松戸GVで、サマーNでの落車明けで体調不安を抱えながらも、決勝では先行する地元勢のブロックすら許さず完勝。中4日ではあるが、「松戸のレースが練習になった感じ」という充実ぶりを自ら証明するコメントを前検日に残した。今日の初日特選は、道中後方を目でけん制しながら、柴崎淳のハコからグイと伸びての余裕の1着。明日は自力発動だが、タイミングさえ間違えなければ、連勝濃厚だ。前橋・松戸に続く「短走路GV連覇」への流れを作るか。
穴軸は、穴にならないがA佐藤を指名。前々回のサマーNでは見事な連勝でVを決めたが、前回の富山GVでは、準決で川村晃の巧みな先行に屈して優参を逃した。しかし決して動きそのものは悪くなく、敗れたレースはあくまでも“展開負け”。明日は地元勢を連れているだけに決死の先行策も考えられるが、中団を確保して早めの一発捲りになれば、十分アタマ勝負まで持ち込めるはずだ。近畿勢B稲川−D村上の一発、佐藤後位を回る地元G林の伸び、F矢口の残り目あたりは2〜3着押さえに欠くことはできないだろう。

<本線予想> 1=9 1=2 1→7 1→3
<穴予想> 2=8 2=3 2→9 2→5

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73247330

この記事へのトラックバック