2013年08月03日

8/4 和歌山FT・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(4日)の和歌山競輪「S級シリーズ・日本トーター杯争奪戦(FT)」の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●和歌山FT「日本トーター杯争奪戦」・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
○ ▲ 1 東口善朋(和歌)
× ○ 2 星島 太(岡山)
  ☆ 3 台 和紀(栃木)
    4 中澤央治(大阪)
▲ ◎ 5 荒井崇博(佐賀)
    6 増田鉄男(徳島)
◎   7 稲毛健太(和歌)
    8 山口泰生(岐阜)
☆ × 9 高原仁志(徳島)

並び ←F148 3 D296
※日刊スポーツ・江崎禎紀記者の現地取材による

地元・和歌山のエース2車が優参。Vへの期待は膨らむが、対敵も強力。混戦か?
並びコメントは、ほぼ想定通りで2分戦。C中澤が「地元の後ろ」と話すと、G山口も「近畿4番手」とコメントし、近畿・中部4車が結束となった。もう一方の西日本勢も、A星島が「荒井へ」とコメントすれば、徳島コンビもH高原が「星島さんへ」と話し、4車が1本のラインにまとまった。そしてB台は「切れ目から」とコメントし、単騎での戦いを選択。展開は、先行1車となったF稲毛が容易に主導権を握れるだろう。そうなれば、願望も込めて地元2車のワンツー決着を期待するが、本命は近歴好調のF稲毛を指名する。6月弥彦FTで3連勝で自身S級初Vを飾ったのをきっかけに、小松島GVで優参、弥彦・親王牌でも準決進出と、進境著しい活躍ぶりだ。今節も、初日予選では後方ラインをぶっちぎり、今日の準決では厳しい展開のなか捲り追い込みを決めるなど力の違いを見せ付け、2連勝での優参。明日はスンナリ主導権を握って、東口に番手の仕事をしてもらい、Vロードをまっしぐらに進んで欲しいものだ。対抗は、稲毛をマークする@東口。ここ数年、和歌山のエース格として踏ん張ってきた東口だが、近歴はややドタバタぶりが目立つ。GTの岸和田・高松宮杯、弥彦・親王牌ではいずれも一予で敗退し、負け戦でも見せ場すら作れていない。ただ前回の豊橋GVで優出したことで、今節の前検日でも「やや戻ってきた感じはする」と手応えはつかめたようだ。明日は、稲毛の仕掛けるタイミングが早くなれば、番手追走から早めの抜け出しも考えられる。5月西武園FT以来のVを期待したい。
穴軸はD荒井を指名。FT戦ではまずまずの結果を残しているが、前回の豊橋GVでH・1・9・3という結果を残したように、Gレースではとたんに乱調になる。今回は、初日特選で先手ラインに切り替え、さらに自ら捲り追い込みを仕掛け、今日の準決でも、中村一のカマシ先行を冷静に追走して直線強襲して見せるなど、歴戦の強者ぶりを誇示した。明日は自力戦だが、前回・豊橋GVの準決で競り負けた東口に対するリベンジもあるだろう。総力戦で地元コンビを粉砕すれば、好配を呼び込むことにもなるか。荒井マークのA星島、その後ろを回る3番手・H高原の伸び、単騎で不気味なB台の動きにも注意を払いたい。

<本線予想> 7=1 7=5 7→2 7→9
<穴予想> 5=2 5=1 5→9 5→3

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
こんばんは、岸和田オヤジです。
暑い日が続いてしんどいですね。選手はやはり化け物ですね。稲毛、東口の優参で和歌山は盛り上がってますね。小生の狙いは、稲毛、星島、軸で東口は蹴るつもり!どうでしょうか?来週は、我々の出番ですね。なんとか体調整えて臨みたい。一度上のレースに参戦しようかな?では、また
Posted by 岸和田オヤジ at 2013年08月03日 21:52
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。決勝戦は、稲毛のブンブン先行で地元勢Vの大チャンスでしたが、荒井の巧妙な立ち回りとスピード感あふれる捲りにやられてしまいました。残念! ヘボヘボ予想は何とか当たりましたが、う〜ん、ちょっと複雑ですね。
来週はバイチャクラブですが、お互い体調整えて、また頑張りましょう。
Posted by 山本D at 2013年08月04日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71739133

この記事へのトラックバック