2013年07月20日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、「寛仁親王牌(GT)」の3日目10〜12R「準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R 準決勝】
号砲でD深谷知広が飛び出して自らSを取り、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、愛知2車−近畿2車−茨城2車−単騎のB園田匠−福島2車の順。赤板HS(残り2周)を迎え、A山崎芳仁が上昇を見せると、これをH芦澤大輔が追走する。山崎がイン切り気味にハナに立とうとすると、深谷が突っ張って山崎を前に出させようとしない。しかし深谷はジャンで、なおも踏み込む山崎を出させて、3番手に収まる。すると芦澤がカマシ気味に一気に踏み上げて最終HSで先頭に立つも、深谷が一気にスピードを上げて遅めのカマシ先行に出る。最終2角で前団をひと飲みした深谷は、番手のG金子貴志とともに、後方を完全に千切ってしまい、セーフティーリードを保ったまま直線へ。結局、深谷が逃げ切って完勝、2着には金子が続く。そして深谷のカマシを諦めずに追いかけたC川村晃司が3着に流れ込みました。

<結果・払戻金>
 2車単 D→G 440円
 3連単 D→G→C 2970円

【11R 準決勝】
号砲で飛び出したF成田和也がSを取って、正攻法にH新田祐大を迎え入れる。周回中の並びは、福島2車−九州2車−京都2車−単騎のG牛山貴広−栃木2車の順。赤板HSを前にB藤木裕が上昇し、D神山拓弥が追走する。赤板過ぎ1センターでハナに立った藤木が外を警戒していると、空いたインを神山が突っ込み先頭へ。しかし、神山マークのA飯島則之が追走に窮して一旦連携が切れてしまう。ジャンを迎え、藤木が一気にカマして行くと、牛山も再度ライン3番手を確保するべく追い上げる。しかし下げた神山もこの位置を求めて牛山と競り合いになり、新田は最後方まで車を下げさせられる。藤木の快調な先行を受けて、番手マークの@村上義弘が車間を切って後方をケアするところ、最終BK6番手位置からC井上昌己が捲り上げる。村上は最終3角で井上をけん制するも、井上はこれをかいくぐり、直線入口で前団を完全に捉える。結局、直線抜け出した井上が1着になり、直線で藤木と村上の中を割った飯嶋が2着に飛び込む。そして福島2車による大外の伸び比べとなった3着争いは、長い写真判定の末に成田が制する。

<結果・払戻金>
 2車単 C→A 11120円
 3連単 C→A→F 74530円

【12R 準決勝】
B浅井康太が号砲で飛び出してSを決め、F稲毛健太を正攻法に迎え入れる。序盤の位置取りは、近畿・中部2車−西日本2車−関東3車−福島2車の順で周回を重ねる。青板3角(残り2周半)からA渡邉一成が上昇すると、稲毛は車を下げ、内から併せるかのようにC菅原晃が上昇しようとする。菅原を抑えて渡邉が先頭に躍り出るも、渡邉を追走したD武田豊樹がジャン前2角でハナを切る。そしてジャン前BKから稲毛が踏み上げ、ジャンで武田を叩き返す。稲毛が全速先行するなか、武田は追い上げてきた菅原を捌いて3番手を確保する。そして最終3角を前に、武田が先捲りを仕掛けるも、これに気付いた浅井が武田を厳しくブロック。武田は失速、後退して勝負圏外へ。武田後位の@岡田征陽が浅井後位へ切り替え、これに気付いた浅井が番手捲り気味に踏み込む。結局、追撃を振り切った浅井が1着になり、岡田が2着、岡田後位のE木暮安由が3着にそれぞれ流れ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 850円
 3連単 B→@→E 6630円

3つのレースそれぞれ細切れ戦だっただけに、出入りの激しいレースの連続でしたが、展開を上手く味方に付けた選手が決勝に勝ち上がりました。
10Rは、芦澤のまさかの先行(高速イン切りかも?)で前団がもつれるところを、深谷が一気にカマして決着を付けました。最終HSから仕掛けたスピードは、さすが輪界bPのものでした。マークの師匠・金子も巧追走でした。川村も諦めずに追いかけたことが、優参をもたらしたと思います。山崎は芦澤の動きに翻弄されたようでした。送り出して中団確保のつもりだったんでしょうが、いかんせん対戦相手に深谷がいます。位置を探してバックを踏んでしまうと、対敵が踏み込んだ瞬間に置いていかれるのは明白。そこを考えて芦澤の踏み上げに対応するべきだったかと思います。
11Rは、前団のもつれを冷静に見ていた井上のスピードが光りました。決して村上のブロックは甘くなかったでしょうが、そこを乗り越えていった井上を讃えたいと思います。飯嶋のコース取りの巧さも見事でした。その一方で、新田はレースに積極性が足らなかったでしょうか。車間の大きく空いた8番手では、前団がカカっているだけに、それだけで万事休すです。成田が突っ込んで3着確保しましたが、本来はもう少し早いタイミングで仕掛けて、ともに決勝進出できていたかもしれません。展開の読み誤りとしたら、大きな代償を払った結果になったと思います。
12Rは、稲毛の頑張りに応えた、浅井の巧さと速さが目立ちました。真後ろから飛んできた武田の捲りを察知し、巧みなブロックで対応すると、そのままタテに踏んでアタマ取りを決めました。武田の車の伸びがケガ明けで今一つではありましたが、真後ろからの捲りを止めるのはなかなかできることではありません。近歴充実の浅井だからこそのレースぶりでした。岡田の切り替えも俊敏でした。小松島GV決勝2着というのがいい弾みになったのはいうまでもありませんが、今年前半のふがいなさの借りを返そうという気持ちが表れていた走りでした。渡邉は宮杯の落車と中国遠征帰りが響いたのでしょうか。後方に車を下げると、そのまま見せ場無しという最悪なレース運び。地元いわき平の「サマーナイトF」をステップに、オールスターでの巻き返しに期待しましょう。

さて今週の番組は「和歌山競輪イベントインフォメーション」として、現在会員募集中の和歌山競輪ファンクラブ「わかちゃんファンCLUB」について紹介します。なお今週も高校野球中継のため、いつもと放送時間が異なり、第2試合と第3試合の間(午後1時50分頃を想定)に放送する予定です。悪しからずご了承下さい。但し野球中継が早く終わり、通常の時刻(午後5時55分)に放送できる場合は、PART2として明日の豊橋記念2日目11R・優秀競走「まくる君カップ」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。また、その優秀競走「まくる君カップ」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜8時半頃の予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70922942

この記事へのトラックバック