2013年07月13日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、和歌山競輪FU・初日10R「A級初日特選」と小松島記念(GV)の最終日・11R「S級決勝」のWヘボヘボ予想でした。

【和歌山FU・初日10R「A級初日特選」】
A松村友和がSを決め、H篠塚光一を迎え入れる。周回中の位置取りは、近畿2車−ライン3番手のE桶谷明誉−九州3車−中部2車−ライン3番手のC石田洋秀の順。レースが動いたのは赤板HS(残り2周)。D山田隼司が上昇すると、@富永昌久も併せて上昇して、ジャン前BKでは3つのラインが併走する形となる。そしてジャンで富永がハナに立とうとするも、内をすくって篠塚が突っ張り先行策を敢行。富永は外へ車を振るなどして山田の動きをけん制すると、山田は叩き返せず7番手のまま。初手の位置取りに戻った状態で最終HSを一本棒で通過すると、篠塚のカカリも良く、最終BKも一列棒状で通過。結局、篠塚の番手から残し気味に差し交わした松村が1着になり、篠塚が2着に逃げ粘る。最終3角から捲り追い込みに出た富永の後位から、G中園和剛が直線伸びて3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 A→H 1180円
 3連単 A→H→G 11070円

【小松島GV・最終日11R「S級決勝」】
号砲で内の単枠3車が飛び出し、B岡田征陽がSを決めてF平原康多を迎え入れる。初手の並びは、埼京3車−京阪2車−九州2車−和歌山2車の順。赤板HS(残り2周)を迎え、G稲毛健太が上昇して前団を叩くと、追走してきたH中川誠一郎がさらに叩こうと踏み上げるも、これを稲毛が抵抗して突っ張る。すると下がってきた中川が、3番手取りに動いたD稲川翔と、一旦下げて再度踏み上げた平原のあおりを受けて落車する。ジャンから稲毛が全速スパートに入ると、平原は外に車を振り、稲川をどかして3番手を確保。稲毛のカカリは良かったものの、平原はややクチが開いたのを徐々に詰めていく。最終2センターで、稲毛番手のE西岡正一が平原をけん制するも、これを乗り越えた平原が直線でさらに車を伸ばしてVゴールを駆け抜ける。2着には平原マークの岡田が続き、西岡が3着を確保しました。

<結果・払戻金>
 2車単 F→B 830円
 3連単 F→B→E 10650円

和歌山FUのA級初日特選は、腹を括った篠塚の突っ張り先行が全てでした。中団では富永と山田がにらみ合いで、最終BKまで一列棒状。こうなれば前で決まってしまいます。松村にとっては「ご馳走様です」という流れ。篠塚を残し気味に交わしたのが印象的でした。
小松島記念・決勝は、平原の位置取りとレースの流れに対する判断力が、他の選手を上回っていました。特にジャンで稲毛が駆けようとしているところ、3番手を確保するために内を突っ込み、続いて稲川をしっかり捌きました。この時点で優勝争いは、和歌山の2車と平原、岡田の4人に絞られましたし、平原にとってベストの流れになりました。結局、追い付いた勢いで2センター過ぎから踏み込むと、西岡のブロックを乗り越えての優勝。松山・全日本選抜のVでノッていくかと思われた平原ですが、その後は失格・落車が続いて勢いを失っていました。しかしGT直前のGVで優勝を飾ったことで、また勢いを取り戻すことができるでしょう。寛仁親王牌での平原の復活劇に期待したいところです。
そして残念だったのが、和歌山ラインの2人がGV制覇まであと“わずか”だったこと。特に、稲毛の全速先行をハコ回りした西岡が、勝った平原と3/4輪差(1/2輪+1/4輪)。「しっかり平原をブロックできていれば…」「番手捲り気味に出て行ってたら…」など、いろんなタラレバが出てくるでしょう。しかしなかなか巡ってこないチャンスでしたから、ばっちりモノにして欲しかったです。ただ近歴の西岡はトリッキーな動きを封印しているからか、落車もなく安定感が増してきました。この勢いで、差し当たってはFT優勝を決めて、ステップアップしてもらいたいと思います。そうすれば、再びGV制覇のチャンスが巡ってくることでしょうし、もっと確度の高い状態になってくれるのを期待したいです。

さて今週の番組は、「山本ディレクターの競輪トピックス」として、今年前半の競輪界についておしゃべりしたいと思います。なお今週は高校野球中継のため、いつもと放送時間が異なり、第3試合と第4試合の間(午後3時50分頃を想定)に放送する予定です。悪しからずご了承下さい。また、明日の寛仁親王牌・3日目10〜12R「準決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜9時頃の予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70643731

この記事へのトラックバック