2013年07月06日

7/7 和歌山FU・10R「A級初日特選」&小松島記念GV・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(7日)の和歌山競輪FU・初日10R「A級初日特選」と、併売場外が行われる小松島記念(GV)の最終日・11R「S級決勝」のWヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●和歌山FU・初日

《第10R A級初日特選》

本線 穴
☆ ○ 1 富永昌久(佐賀)
× ◎ 2 松村友和(大阪)
▲   3 家田真宏(愛知)
    4 石田洋秀(広島)
◎ ☆ 5 山田隼司(岐阜)
    6 桶谷明誉(広島)
    7 上吹越直樹(鹿児)
  × 8 中園和剛(福岡)
○ ▲ 9 篠塚光一(兵庫)

並び ←D34 @87 H26
※和歌山競輪HPによる

強力先行選手の「逃げイチ」も、捲り勢がS級降格組。力と力がぶつかり合う激戦だ。
広島2車が分かれて戦うことになり、ラインは3分戦の様相。C石田は「中部の3番手」とコメントし、E桶谷が「石田さんが行かない方(近畿)へ」と話した。そして九州3車は、F上吹越が「いつも世話になっているんで」と、G中園に番手を譲った。展開は、実質の逃げイチとなったD山田が力強く駆けて行き、残りの2派が捲り返す流れになるだろう。ただ中部番手のB家田が、前期S級も伸びが今一つ。そこで山田の逃げ残りに期待して、本命の◎印を打つ。山田の前回・青森ミッドナイトは1・Aと優勝まであと一歩だったし、4場所前の福井FUではH・1・@とVを飾るなど、A級戦では頭一つ抜けた存在だ。昨年後期のS級戦でも、まずまず勝ち負け出来ただけに、明日はオレンジバンクでその強さを十二分に披露してもらいたいものだ。対抗はH篠塚。無念のS級降格だが、前々回の名古屋FTで1・2・Aと準Vを果たすなど、決して見劣りはしていない。位置取り争いも決して苦手ではない。明日は松村を従えているだけに、中団確保から得意の捲りをタイミング良く決めて、降格直後の一戦で白星をつかむか。
穴軸はそのA松村。まずまず安定した成績を収めてはいるが、準決などここ一番で取りこぼしをして、上位進出を阻まれているのが辛いところ。ただ初日特選は、まずまずの好績を残している。篠塚の仕掛け次第では直線強襲劇の可能性も十分で、高配を呼びこんでくれるか。九州ライン先頭で一発狙う@富永とマークのG中園、中部番手から早めの抜け出し図るB家田にも注意を払いたい。

<本線予想> 5=9 5=3 5→2 5→1
<穴予想> 2=1 2=9 2→8 2→5


●小松島記念GV・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
◎   1 村上義弘(京都)
  × 2 大塚健一郎(大分)
▲ ☆ 3 岡田征陽(東京)
    4 齋藤 努(東京)
○   5 稲川 翔(大阪)
  ○ 6 西岡正一(和歌)
×   7 平原康多(埼玉)
  ◎ 8 稲毛健太(和歌)
☆ ▲ 9 中川誠一郎(熊本)

並び ←G6 F34 D1 H2
※競輪解説者・井上薫氏の現地取材による

準決で地元勢全滅。ライン4分戦の細切れ戦で各派互角、チャンスも五分五分だ。
ライン構成はほぼ想定通り。埼京勢がB岡田が番手、九州もH中川が前で「切れ目から」とコメント。近畿4車は、作戦会議でE西岡が「4番手でも良い」と話したが、「それぞれにチャンスがあるように」(村上)と、京阪と和歌山で別線になった。中川を除く自力型がそれぞれ先行意欲が高く、展開は読みづらいが、ライン2車でも村上を従えているD稲川が、積極的に駆けて行くと見るのが妥当か。ならば番手捲り気味に抜け出す@村上が展開有利に運ぶと見て、村上を本命視する。前回の岸和田・宮杯では無念の二予敗退で、その後の負け戦2走も良いところ無く終わった。今節も初日特選で水谷好と共倒れして不安視されたが、その後の2走は前を任せた自力型の頑張りもあって優参を決めた。しかし今日の準決で、稲川をかばいすぎ差し遅れて「ハコ3」を喰らってしまった。明日は、自分のタイミングで交わしてVゴールを駆け抜けるか。対抗は、村上の前を走るD稲川。前々回の宮杯は悲願のGT決勝進出を決め、6着に終わったもののライン3番手の役割を果たすなど、存在感を高めた。明日は今日と同様、村上の前で駆ける流れになるが、4.25の大ギヤの威力を爆発させれば、今の勢いならそのまま押し切ることも十分可能だ。
穴軸は、応援の意味を込めてG稲毛を推す。今節直前に自転車競技で中国遠征するなど、コンディションが心配されたが、日ごとに状態も良くなっているようだ。そして今節から投入した新しいフレームも、セッティングの答が早くも出ているのか、スピードの伸び・持ちいずれも十分合格点を与えられる。今節は3走連続の2着だが、いずれも先行での結果だけに、印象度も高い。明日も主導権を奪うような思い切ったレースができれば、西岡とのワンツーも夢ではない。そのE西岡も連日伸びが良いし、九州2車もレースがよく見えている。ラインの長さを活かした関東勢も差はなく、どこからでも狙える決勝戦だ。。

<本線予想> 1=5 1=3 1→7 1→9
<穴予想> 8=6 8=9 8→2 8→3

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70548280

この記事へのトラックバック