2013年06月22日

6/23 久留米記念GV・12R優秀競走「キラリ久留米くるっぱ賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(23日)和歌山競輪場で場外発売が行われる久留米記念(GV)の2日目12R・優秀競走「キラリ久留米くるっぱ賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●久留米記念GV・2日目

※明日は11Rで「レインボーカップA級ファイナル」が行われるため、S級優秀は12Rで行われます。前売り車券購入・電話投票の際は十分ご注意下さい。

《第12R S級優秀「キラリ久留米くるっぱ賞」》

本線 穴
○ ▲ 1 芦澤大輔(茨城)
◎ ☆ 2 佐藤友和(岩手)
▲ ○ 3 吉本卓仁(福岡)
☆ ◎ 4 坂本亮馬(福岡)
×   5 佐藤慎太郎(福島)
    6 幸田光博(栃木)
  × 7 村上博幸(京都)
    8 渡邉晴智(静岡)
    9 池田勇人(埼玉)

並び ←H16 7 B4 A58
※「Keirin.jp」の翌日開催情報による

関東勢の仕掛けを地元と北日本勢が追う展開。唯一のSS班が意地で乗り越える?
並びコメントはほぼ予想通りだったが、地元2車は今日の逆で、C坂本が前回りを表明した。関東勢は、今日と同じく@芦澤が「池田へ」、E幸田が「3番手」。北日本も今日と同じで、その3番手へ南関のG渡邉が回ることになった。F村上は「位置を決めずに」と話し、単騎での競走を選択した。展開は、実質の先行一車になったH池田がマイペースで先行するところを、佐藤と坂本が捲る流れか。力的にはA佐藤友が若干リードしており、本命視してもよさそうだ。佐藤友は、前回の岸和田・宮杯では優参を果たすなど、SS班の看板を背負うだけの走りを見せた。決勝では展開に恵まれなかったが、今日の初日特選で見せた捲り返しは好調維持の証と見たい。久留米バンクとの相性の良さも抜群だし、明日も持ち前のダッシュを披露して連勝飾るか。対抗は、池田後位から伸びる@芦澤を指名。前回の岸和田・宮杯は、二予で惜しくも4着と勝ち上がりを逃したが2勝をマークするなど、こちらも好調ぶりは相変わらずだ。今日は池田の果敢な先行を受けて、宮杯優参の藤木裕を捌いて1着になるなど、さすがの立ち回りだ。明日も池田が風を切って行けば、番手の仕事をこなして直線ズバッと差し込んで行くと見たい。
穴軸はC坂本を指名。可もなく不可もなくといった状況が続いたが、春以降一気に着状況が改善。前回の函館FTはA・1・@で準パーフェクトV。しかも昨日の前検日では「その時よりも状態はいい」と自信を見せたが、今日の初日特選では吉本卓の仕掛けに乗ってきっちり差し切った。明日は今日と逆で前回りになるが、仕掛けるタイミング次第ではアタマ勝負できるところまで復調している。地元久留米をホームバンクとしているB吉本とワンツー決め、穴党に好配を提供か。意欲的な攻めが目立つB吉本、佐藤友追走から直線伸びるD佐藤慎、単騎でも不気味なF村上は、押さえ漏れは禁物だ。

<本線予想> 2=1 2=3 2→5 2→4
<穴予想> 4=3 4=1 4→7 4→2

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69844892

この記事へのトラックバック