2013年06月08日

6/9 小田原「花月園メモリアル」GV・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(9日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、小田原競輪「花月園メモリアル」(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●小田原「花月園メモリアル」(GV)・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
▲ ☆ 1 松坂洋平(神奈)
○ ○ 2 守谷陽介(岡山)
  ▲ 3 田中 誠(福岡)
    4 児玉広志(香川)
◎   5 松谷秀幸(神奈)
    6 吉岡篤志(徳島)
☆   7 佐藤朋也(秋田)
  × 8 布居寛幸(和歌)
× ◎ 9 小川勇介(福岡)

並び ←D1 A46 F8 H3
※「Keirin.jp」翌日開催情報による

旧花月園バンクをホームとする地元勢が主力も、遠征勢も互角の戦い。大混戦か。
神奈川、福岡、瀬戸内、各派の並びコメントはほぼ予想通り。そしてG布居が同じく単騎のF佐藤マークを宣言し、4分戦となった。A守谷とD松谷の主導権争いが、一つの注目になりそうだが、花月園をホームとしていた松谷の力と気合いのレース運びに期待して、D松谷を本命視する。4場所前の4月当地FTで完全優勝している松谷。このときは「共同杯出場漏れ」のやや軽いメンバー構成だったが、今節のそれも「宮杯出場漏れ組」で、相対的なレベルは似ている。ならば、二予で見せたしっかり主導権をにぎる先行、今日の準決と同様の中団確保からの捲り、いずれでも力を発揮できれば、悲願のGV制覇がグッと近づいてくるだろう。対抗は、主導権取りに燃えるもう一方の自力型A守谷。調子の良し悪しが、すぐ結果に反映されるタイプだが、4月和歌山FTや5月平塚GVのように、シリーズ全体のレベルが上がったりするとポカをしてしまうのが玉にキズだ。ただ今節は、優秀戦で失敗こそしたが、初日特選の先行3着、今日の準決では鈴木裕を捲っての1着と、レベルの差を見せ付けている。明日は落ち着いて自分の展開に持ち込めれば、アタマ取りは十分可能だ。
穴軸は自在に構えられるH小川を指名。4月の川崎GVで優参(5着)し、まだまだ上位陣とわたりあえているものの、FT戦であっさりと準決敗退するのがもったいないところだ。しかし、今日の1着同着を含めて、今節唯一3連勝での決勝進出だ。レース内容も決して悪くなく、明日も主導権争いを上手く誘っての一発捲りで、持ち味のスピード披露か。松谷マークの@松坂、小川後位のB田中それぞれの突っ込みのほかにも、久々のGV決勝に挑む近歴好調F布居の応援車券も仕込んでおきたい。

<本線予想> 5=2 5=1 5→9 5→7
<穴予想> 9=2 9=3 9→8 9→1

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69080040

この記事へのトラックバック