2013年05月30日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、宇都宮記念(GV)の2日目11R・優秀競走「みやかめ賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲で@浅井康太とC松岡貴久がお互いの出を窺いながらスタートし、松岡が正攻法(誘導員の直後)に収まる。周回中の位置取りは、松岡−ラインマークのG高木隆弘−中部3車−近畿2車−栃木2車の順。500バンクの宇都宮らしく、レースが動いたのはジャン前2角。後方からH神山拓弥が踏み上げ、これをF稲垣裕之が追走する。松岡を叩いた神山拓がジャンで先頭に躍り出るところ、すかさず稲垣がさらに叩いて主導権取りに出る。後方のD深谷知広を目でけん制しながら、稲垣は最終HS進入の4角から全速スパート。しかし深谷はこれに構わず一気に先行勝負に出ると、稲垣番手のB東口善朋がややクチ(車間)が開いたのを見逃さず、一瞬、稲垣番手に収まる。最終2角で東口が再度インから追い上げて行くも、深谷はこれを見て番手捲り気味に発進し、マークする浅井とのマッチレース状態で直線へ。結局、深谷は浅井を振りきって1着、浅井が2着になる。そして逃げ粘った稲垣が3着を確保しました。

<結果・払戻金>
 2車単 D→@ 370円
 3連単 D→@→F 2160円

突っ張り気味に主導権を握ろうとした稲垣の抵抗こそありましたが、深谷が力でねじ伏せた見事なレースでした。稲垣も個人上がりタイムが14秒0と決して悪い先行ではありません。それを上がり13秒6で捲りきったわけですから、「アッパレ」以外の言葉が見あたりません。全プロから4.15のギヤを試しているとのことですが、もう十分踏みこなしているような感もします。ただ、この翌日の準決で落車し、最終日の特選では逃げ切り勝ちで貫禄を見せましたが、高松宮記念杯に向けて若干心配材料を抱えてしまったかもしれません。
3着に粘った稲垣も、完全復活まであと一歩といったところでしょうか。前述の通り、先行しての個人上がり14秒0は、深谷の最終日特選の14秒1を上回ります。年明け以降のもたつき感が払拭されてきたように感じます。全プロでの2連勝と、今節の勢いで、地元地区・岸和田での高松宮記念杯の健闘を祈りたいです。
和歌山の競輪ファンの一人として期待していた東口ですが、肝心の勝負所で踏み遅れてしまうと、後は動きがチグハグになってしまいました。深谷に割り込まれ、深谷が捲った後に稲垣に追い付きはしましたが、稲垣の踏み直しと後続選手との捌き合いに、脚力を失う一方でした。このレースは着順に関係しない優秀戦でしたが、最終日の負け戦の特選でも同じようなレース運びで、せっかく相性の良い宇都宮バンクでのチャンスを自らつぶすことになりました。静岡FTを挟みますが、しっかり調整して高松宮記念杯に臨んで欲しいと思います。

さて当ブログでは、和歌山競輪場で明日31日に開幕する「ガールズケイリン」応援・予想ブログ臨時号を、今夕から連日配信します。
そして今週の番組は、最終日(6月2日)9R「ガールズ決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、6月1日配信分の当ブログでは、ガールズ決勝に加え、7R「ガールズ一般」、12R「A級決勝」、さらに併売の函館記念3日目・9〜11R「S級準決勝」の、超欲張り6箇レース見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。6箇レース予想のため、当ブログへのアップは、夜9時半頃の予定とさせていただきます。遅くなりまして申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。
またいつもお願いしておりますが、番組内容や予想とその結果などについてのコメント等々がございましたら、遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68523666

この記事へのトラックバック