2013年04月13日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、川崎記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

レースは、D浅井康太がSを決めて正攻法(誘導員の直後)に位置するも、他派が序盤の位置取りに上昇し、結局浅井は車を下げる。周回中の並びは、東日本3車−北日本3車−中部・近畿2車−ライン3番手のE小川勇介の順。赤板HS(残り2周)を迎えるも動きはなく、隊列は一本棒のまま。ジャン前2角から、7番手のA脇本雄太が得意のジャン前カマシを見せようとするも、中団4番手で車間を切っていた@菊地圭尚も併せて出て行く。ジャン3角で脇本がハナを切って行くが、併せた菊地が飛び付きを見せ、脇本番手の浅井に競りを挑む。この競りは最終1角で菊地に軍配が上がり、浅井は後退。そして先行する脇本は、後方のもつれを尻目に、強風をものともせずぐんぐん加速する。番手奪取に成功した菊地は、脇本の踏み直しにクチ(車間)が開いてしまい、追走に苦労する。直線に入って脇本逃げ切りかと思いきや、菊地後位のF成田和也が4角手前から早めのスパートに出ると、ゴール寸前で脇本を捉え、Vゴールを駆け抜ける。2着には脇本が粘り、3着には成田後位を追走したG大槻寛徳が伸びて入線する。

<結果・払戻金>
 2車単 F→A 5130円
 3連単 F→A→G 48970円

脇本の後位をめぐって大立ち回りがありましたが、キメ脚上位の成田がスバッと突っ込んでのVでした。これが記念3度目のV。意外に少ない気がしたのは私だけではないでしょう。菊地が追走に窮する中、スプリンターらしいキレのある差し脚を披露しましたが、さすがSS班の看板を背負うだけのことはあります。去年の熊本ダービーを制するまでは、バイプレーヤー的な存在だった成田ですが、以降は完全に北日本のエースマーカーとしての地位を得た感があります。昨年末のGPでも浅井との捌き合いを制し、優勝した村上義にあと僅かまで迫りました。GVレベルで満足せず、ビッグレースを、さらに年末のGPを制覇して欲しいと願うばかりです。
2着の脇本もさすがの粘り脚でした。BKがかなり強い向かい風だったにもかかわらず、得意のジャン前カマシに出て先頭に立つと、最終BKでも再度踏み直すという驚異的な脚を披露。成田に交わされはしたものの、ギリギリまで後方を寄せ付けない強さを見せました。「今節は調子イマイチなのでは?」と思わせた脇本でしたが、日に日に調子を上げ、決勝が最高調に達していたようにも見えました。高松FTを挟んで、いよいよ地元・福井での共同通信社杯に臨みます。地元ファンの後押しを受けて、表彰台の頂点を目指して欲しいものです。
競り合いを演じた浅井と菊地は、双方ともいただけないレースだったように感じました。脇本の番手は、Vゴールへの最短距離となる、誰もが欲しがる魅力的な位置です。浅井の動きには、菊地の飛び付きがあるというのを察知していたのか、やや疑問が残りました。菊地は飛び付きも想定の範囲内だったのでしょう。迷いなく競りを挑んでいきましたが、競り勝ってからがいけません。強烈な脇本の踏み直しに千切れそうになってしまいました。それでは、極端な話、競りに行ってはいけないのかもしれません。脇本のハコに喰らい付いて、ゴール前で差せるか否かぐらいまで詰め寄ってこそ、競り勝った意味があるのです。レース後「最後の脚が課題」と話していましたが、今後はその課題をクリアーできるように頑張って欲しいところです。そしてそれがクリアーできたあかつきには、さらに上のステージで活躍できるようになるでしょう。今後の菊地のステップアップに注目したいと思います。
今週の番組は、明日の武雄記念2日目11R・優秀競走「飛龍賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。和歌山FU2日目・8〜10R「A級準決勝」の予想と合わせて、夜9時頃にアップする予定です。またいつもお願いしておりますが、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64647140

この記事へのトラックバック