2013年03月02日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、高松記念(GV)の2日目11R「ガールズケイリンコレクション 高松ステージ サンポートクイーンカップ」と、12R・優秀競走「チータカカップ」のWヘボヘボ予想でした。

【11R ガールズケイリンコレクション】
号砲で@中村由香里とC中川諒子が飛び出し、ダッシュに勝った中川がSを決める。周回中の並びは、正攻法(誘導員の直後)から中川−中村−A山口菜津子−B加瀬加奈子−E三輪梓乃−D小林莉子−F増茂るるこ、の順。赤板HS(残り2周)を迎え、小林が増茂を連れて行く形で上昇すると、ジャンで前団を叩いて出る。正攻法の中川は粘る動きを見せ、小林の番手は内の中川と、外の増茂で併走する。最終HS(残り1周)を迎えると、外並走を嫌った増茂が一気に踏み込んでいくも、さらに外を加瀬がカマして先行態勢に持ち込む。交わされた増茂は飛び付こうとするも、スピードの違いで最終2角過ぎからみるみるうちに差が開いてしまう。一方、中村が2角から捲り追い込みを仕掛け、最終2センターで加瀬に完全に追い付く。結局、中村が追い付いた勢いで加瀬をゴール寸前で交わし、初代ガールズケイリンコレクション女王に輝く。2着には加瀬。大きく千切れた3着争いは、こちらもゴール寸前で増茂を交わした中川が確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→B 450円
 3連単 @→B→C 900円

【12R 優秀競走「チータカカップ」】
スタート直後は各車けん制状態、その後@稲垣裕之が意を決して誘導員を追う。周回中の位置取りは、正攻法から近畿2車−単騎のA深谷知広−北日本・南関2車−単騎のD菅原晃−関東3車の順。レースが動いたのは赤板HS。H神山拓弥が上昇を見せると、ここを菅原が追走。正攻法の稲垣は車を下げ、神山が正攻法へ入れ替わる。そしてジャン前BKからB山崎芳仁が一気にカマして先頭へ躍り出ると、後方からの巻き返しはなく、最終HSは隊列一本棒で通過。最終BKから、神山が先捲りを仕掛けると、菅原や稲垣も後捲りに出て捲り合戦に。全体の隊列が短くなるなか、最終BKどん尻の9番手だった深谷が大外を捲り返すと、直線一気に伸びきって1着になる。2着には捲り合戦を制した菅原が突っ込み、先捲りの神山が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 A→D 670円
 3連単 A→D→H 4840円

どちらも手に汗握る白熱の好レースでした。
まずはガールズコレクションから。優勝した中村の鬼気迫る捲り返しは迫力満点でしたし、ガールズGPと同様に先行勝負を挑んだ加瀬の心意気にも大拍手です。ガールズの2強によるマッチレースは、GP以上にファンの心に強く印象づけられたことでしょう。ただ3着争いが、大きく離された後方で、しかも2車によるものであったこと。それ以外の選手のゴール通過がバラバラになってしまったことは、ファンの期待を裏切る結果になってしまいました。「ガールズの特別競輪」という位置づけで始まったレースである以上、7人が一団でゴールして初めて成立し、ファンも認知するものです。山口選手の落車も見ていて可哀相に思いました。ケガは大したこと無さそうですが、落ち方も良くなかったし、走っているのは当然のことながら「女性」です。精神的・肉体的なショックを後々まで引きずらないことを願うのみです。
一方「チータカカップ」は、見応えある捲り合戦を、深谷の強さが全て吹き飛ばしてしまったレースでした。最終BK9番手で、しかも最終3角から踏み込んだだけで、残り8車を“まとめて面倒見”ました。「どこがインフルエンザ明けなの?」と言いたくなるくらいの強さ。しかも準決・決勝はともに先行逃げ切りで優勝。他の選手が深谷対策を完成させたつもりでも、本人はそれ以上にパワーアップさせているようです。深谷を止めるのは、武田なのか? 村上なのか? それとも他の誰なのか? 立川ダービーが今から楽しみになってきました。

さて今週の番組は、明日の和歌山FU初日・11R「A級初日特選」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。玉野記念最終日・11R「S級決勝」の予想と合わせて、当ブログへのアップは夜9時頃の予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62968865

この記事へのトラックバック