2013年01月19日

1/20 静岡記念GV・11R優秀競走「ちゃっきり賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(20日)和歌山競輪場で場外発売が行われる静岡記念(GV)の2日目11R・優秀競走「ちゃっきり賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●静岡記念GV・2日目

《第11R S級優秀「ちゃっきり賞」》

本線 穴
◎   1 深谷知広(愛知)
  ◎ 2 伏見俊昭(福島)
  ☆ 3 渡邉晴智(静岡)
    4 鈴木謙太郎(福島)
○ × 5 藤木 裕(京都)
    6 山田敦也(北海)
☆ ▲ 7 神山拓弥(栃木)
×   8 松岡貴久(熊本)
▲ ○ 9 菊地圭尚(北海)

並び ←CH26 @D8 F3
※「HIKARI.com」による

輪界の若手自力型がタッグを組むが、北日本4人ライン・地元勢も交えて大混戦だ。
強力な自力型が多く優秀戦へ勝ち上がり、並びが注目された。するとD藤木が「中近で深谷へ」とマーク戦へ名乗りを挙げ、G松岡が「中近へ」という選択になった。またB渡邉が「神山へ」、F神山は「自力自在」とコメント。北日本4車は一本にまとまるが、鈴木の後位をH菊池が回り、福島・同県のA伏見が3番手を回ることになった。
展開は、ライン4車の長さを活かしたC鈴木が、深谷を制して主導権取りに出ると見た。深谷も後位が他地区の藤木だけに無理駆けはなく、むしろ捲りに回ることになるか。ただ自力型としての力量は深谷が一歩リードしており、@深谷に本命の◎印を打つ。京王閣GPでは大雨のなか主導権を奪い見せ場を作ったが、前回の大宮GVではE・1・9・1と、2勝を挙げたものの準決で敗退。復調途上を感じさせる内容だった。今日の初日特選も1着だったものの、三宅達の中団押さえ込みと、永沢剛の先行&菊池圭の番手捲りに苦しめられた。明日も決して楽な戦いにはならないだろうが、捲りに回ったときの爆発力も深谷の持ち味であることを考えれば、明日は先行・捲りいずれになっても連に絡んでくるのを期待したい。対抗は、深谷マークを選択したD藤木。前回和歌山GVで優出し、中2日での参戦だが、今日の初日特選の動きを見る限り、疲れはなさそうに見える。しかも今節は、4日間通して後位に気を遣う必要がない番組(メンバー構成)になりそうで、明日も深谷が中部単騎でマークに名乗りを挙げるのも自然な流れか。慣れていない番手戦だけに一抹の不安はあるものの、普段の強気なレースぶりから、難なくこなしてくれることだろう。チャンス到来ならアタマ勝負まで十分だ。
穴軸は、北日本3番手から進めるA伏見を指名。前回の地元・いわき平FTでは2連勝で優参し、決勝で新田祐の番手捲りに追走一杯だった。しかし今日の初日特選では、神山拓の仕掛けに乗って直線中割り気味に突っ込んだ動きは、キレもあって決して悪くはなかった。明日は菊池圭に番手を任せる変則シフトだが、むしろ菊池に番手捲りを暗に求めているのか、と勘ぐってしまう。何はともあれ、明日は北の3番手から、展開向けば、最終3角辺りから早目の踏み込みでアタマ勝負まで持ち込むか。その番手捲りも辞さないH菊地の番手戦、F神山の自在戦、その神山に乗って直線突っ込むB渡邉の地元記念への気合いなどは、決して無視することはできない。

<本線予想> 1=5 1=9 1→8 1→7
<穴予想> 2=9 2=7 2→5 2→3

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61582093

この記事へのトラックバック