2012年12月16日

【山本ディレクターの自腹出張日記】 松阪GV「蒲生氏郷杯王座競輪」で、松阪肉と当たり車券をガッツリいただきま〜す!(そのA)

わたくし山本が、直近に遠征した全国の競輪場を紹介する記事コンテンツ「山本ディレクターの自腹出張日記」。今回は、去る11月18日(日)に松阪競輪場の「開設記念・蒲生氏郷杯王座競輪」2日目へ「自腹出張」したリポート・5回シリーズの2回目です。

場内見学で時間をムダにしている余裕はありません。「ラジオまつり」用のグッズの買い付けをしなければ、わざわざ松阪に来た意味がありません。イベント広場に設けられていた「メダリストプランニング」のテントブースへお邪魔しました。

メダリストプランニング社の販売ブース

メダリストプランニング社の販売ブース

メダリスト社の矢ア社長もいらっしゃいました。挨拶もそこそこに商談開始。気になるグッズを次々と買い求めると、あっという間に予算オーバー寸前になりました。そこへ矢ア社長が「山本さんには、いつもお世話になっているから…」と、かなりお勉強して下さいました。矢ア社長、ありがとうございます! 当然、身動きが取れなくなりそうなくらいの大荷物。そこで荷物を積みに一旦車へ戻りました。


再び競輪場に入ると、地元三重県の小西誠也選手と西村光太選手のトークショーが終わったところでした。

小西誠也選手(中)と西村光太選手(左)のトークショー

小西誠也選手(中)と西村光太選手(左)のトークショー

西村選手が「このあとのレースに出る浅井選手や岩見先輩など、地元三重の選手への応援をよろしくお願いします」と話せば、小西選手が「このあとのレースでしっかり車券当てて、儲けて帰って下さい」とファンの背中を押していました。

両選手の励ましを受けて、8Rの車券を購入しましたが…

8Rも大波乱! 勘弁して〜!!

8Rも大波乱!!

当然ながらカスリもせず、大ハズレです。これだけ波乱が連続すると、どう狙って良いのか訳が分からなくなってしまいますね。
車券予想はこっちへ置いといて、再びイベントステージへ。今度は山口幸二選手と深谷知広選手のトークショーです。

山口幸二選手(右)と深谷知広選手(左)のトークショー

山口幸二選手(右)と深谷知広選手(左)のトークショー

深谷選手は「賞金ランキングでGPには乗れると思いますが、競輪祭で優勝してGPに出られるよう頑張ります」と意気込みを話してくれました。山口選手は「GPチャンピオンユニフォームの意地もあるんで、競輪祭は頑張ります」と話していました。しかし山口選手は、このころ既に競輪祭終了で引退することを決めていたんですね。でも山口選手の人気ぶりはさすが。しかもおしゃれですね。一方、深谷選手の人気も負けず劣らずなんですが、人前に出る訳ですから、もうちょっとオシャレにも気を遣って下さいね。この格好じゃぁ、むしろ若作りしたオジサンですよ…。

このころ時刻は2時半過ぎで、ちょっぴり小腹が空いてきました。「腹が減っては戦ができぬ」と、イベント広場の屋台コーナーへ直行です。

屋台コーナー

屋台コーナー

そして写真の左端の屋台で、牛タン串とホルモン焼きそばを買いました。

牛タン串(左)とホルモン焼きそば(右)

牛タン串(左)とホルモン焼きそば(右)

これで、少しお腹は落ち着いてきました。あとは車券が当たってくれるのを待つのみです(待つだけかい!)。

9Rは、前橋オールスターで優勝した山崎芳仁(福島・88期)が本命です。徹底先行の松坂洋平(神奈川・89期)がいるものの、山崎のひと捲りに期待を込め、配当が安いのを承知で山崎から勝負を懸けました。

9R 最終2センター過ぎの攻防

9R 最終2センター過ぎの攻防
@松坂はジャン前から先行するも、後方からの仕掛けがなく完全なペース駆け。B山崎は4番手を確保し、最終3コーナーからの捲り追い込みに出る


山崎の捲り追い込みは届かず2着。松坂のペース駆けに、山崎も私の車券も、まんまとやられてしまいました。一応ボックスで押さえてはいましたが、またまた取りガミ(払戻し金額が投資金額を下回ること。いわゆる「取って損」)です。

なんとか引っかけましたが、大取りガミ…(泣)

何とか押さえ車券で引っかかりましたが、大取りガミです

「どないしたらエエねん、この絶不調ぶりは!」と頭を抱えながら(いつもそうなんですが…)、終盤戦に突入です。


(そのBへ続く)
posted by wbs at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自腹出張日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60787077

この記事へのトラックバック