2012年12月08日

12/9 佐世保記念GV・11R優秀競走「佐世保バーガー賞」  予想

今週のブログ予想は、あす(9日)和歌山競輪場で場外発売が行われる佐世保記念(GV)の2日目11R・優秀競走「佐世保バーガー賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●佐世保記念GV・2日目

《第11R S級優秀「佐世保バーガー賞」》

本線 穴
○ ☆ 1 神山雄一郎(栃木)
▲ ○ 2 金子貴志(愛知)
    3 中村浩士(千葉)
☆   4 松川高大(熊本)
  ◎ 5 山内卓也(愛知)
  × 6 坂上忠克(石川)
× ▲ 7 海老根恵太(千葉)
    8 岡 光良(埼玉)
◎   9 脇本雄太(福井)

並び ←H18 C A56 F3
※「KEIRIN.JP STREAM」の翌日開催情報による

初日はパワー型の自力選手が結果を残した。優秀戦も果敢なラインが優勢に運ぶか。
ライン的にはっきりしているのは中部勢。E坂上が「愛知3番手で」とコメントした。そして近畿単騎のH脇本のハコには@神山が「初連携で楽しみ」と名乗りを上げた。一方、千葉勢はF海老根が「自分のレースをしたい」と話した。また九州単騎のC松川は「単騎でも自力」とコメントし、3分戦+単騎1車という構図となった。
展開は、金子もいるが、脇本が意欲的にハナを切って行くか。番手に神山を従えているだけに、地区違いでも主導権取りを求められるだろう。あとは逃げ切りか差し切りかの選択だが、佐世保の33並みに短い直線を考慮すれば、押し切りの可能性に比重を置く。そこで本命はH脇本を指名する。前回の競輪祭は、持ち前の果敢な先行を見せたが、二予で4着と惜敗し、GP出場&SS班の夢は絶たれた。しかし前検日で脇本は「もう考えることはなくなりましたね」と話し、精神的に吹っ切れた様子。それを実証したのが今日の初日特選で、堂々とした先行逃げ切りで後続を完封した。明日も先手さえ取れれば、GT優参級の粘り腰で連勝を飾るだろう。対抗は、その脇本をマークする@神山。今や「輪界の大御所」と言ってもいい存在感の神山。今年も競輪祭に決勝進出し、条件付きながら2着以内でGP&SS班確定という所まで上り詰めた。今日の初日特選でも、金子貴の捲りは止められなかったものの、マークの前田拓が千切れているのを見逃さず、切り替え追走して2着に流れ込んだ。明日は、地区違いながらも脇本という強力な援軍が引っ張ってくれよう。4角でスンナリ番手回りならば、早目の差し体勢に出るか。
穴軸はD山内を指名。前回の競輪祭は補欠だったため2日目からの補充出走だったが、3日目一般で柴崎淳の先行に乗って勝ち星を挙げた。しかも最終日選抜戦では、前受けから成り行き先行して3着に粘り込んだ。今日の初日特選では、脇本雄マークながら僅差のハコ3を喰らってしまったが、好調ぶりは相変わらずと見たい。明日は金子の仕掛けに乗り、早目の突っ込みで勝機を見い出すか。A金子のキレのあるスピード、復活期待のF海老根の捲り脚、不気味なC松川の単騎戦にも食指が伸びる。

<本線予想> 9=1 9=2 9→7 9→4
<穴予想> 5=2 5=7 5→6 5→1

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60620281

この記事へのトラックバック