2012年12月01日

12/2 競輪祭GT・11R「決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(2日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、第54回競輪祭(GT)の最終日11R「決勝戦」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●競輪祭GT・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
  × 1 山口幸二(岐阜)
◎ ☆ 2 長塚智広(茨城)
☆ ▲ 3 成田和也(福島)
  ◎ 4 藤木 裕(京都)
▲   5 武田豊樹(茨城)
○   6 神山雄一郎(栃木)
  ○ 7 伏見俊昭(福島)
    8 後閑信一(東京)
×   9 飯嶋則之(栃木)

並び ←D269 8 C1 B7
※サンケイスポーツ・今中一光記者の現地取材による

GP出場権をかけたラストチャンス。最後は展開・脚力よりもメンタル勝負になるか?
関東勢から大量5人が優出。並びコメントが注目されたが、茨栃4車と単騎のG後閑に分かれそう。D武田が「力出し切りたい」と前回りを宣言したことで、A長塚が「武田さんへ」、E神山が「3番手」とそれぞれコメントし、H飯嶋が「4番手だが、一発勝負に懸けたい」と気合い十分だ。またG後閑は「地元(京王閣)のGPに向けて、単騎で自在に」と総力戦の構えだ。総力戦はB成田も同じで「前々勝負」と話せば、F伏見が「成田に任せる」とこちらも虎視眈々という感じだ。そして中部・近畿はC藤木が「パワー勝負で」とコメントすれば、GPチャンピオン防衛もかかる@山口は「藤木を信頼して」と話した。
展開は、ライン4車となったD武田がA長塚&E神山のGP確定に向けて、先行勝負になると見た。多少早仕掛けになっても、番手捲りを繰り出すなど展開が向きそうなA長塚を本命視したい。前回の地元・取手GVでは、武田のBK捲り追走から詰め寄ったものの、僅差の2着と涙を呑んだ。あの準Vが明日の予行演習となっているなら、交わすタイミングが頭の中にインプットされたはず。武田が早仕掛けなら、番手捲りに出ることも十分考えられ、その際は神山とのワンツー決着もあろう。コンスタントに成績を残してきた今年の長塚だが、去年と同様、武田の援護でGP切符へ最接近するか。対抗はE神山を指名。44歳の神山も、近歴を見ると、FTで優参を逃すなど取りこぼしが見受けられる。しかし8月富山・10月熊本・11月大垣と、GV戦線では確実に決勝へコマを進めているところはさすがだ。今日の準決でも、前を任せた平原康のブロックで大きく空いたインを突いて3着を確保したが、レースがよく見えているのは間違いなさそう。明日はライン3番手だが、長塚の仕掛けに乗ってピッタリ追走できれば、あとは直線で車を伸ばしきれるかだ。2着でも賞金ランクでGP出場権が確保できるかもしれないが、神山はGTタイトルを携えてGPの晴れ舞台に上るのが似合っている。アタマ勝負に持ち込むのを期待したい。
迷いに迷った穴軸はC藤木を抜てき。今やFTでは堂々の優勝候補の藤木。直近4場所のFTは全て優参し、前々回の地元・京都向日町ではA・1・@で優勝を飾った。しかもパワーあふれる先行・捲りは、見ていて痛快そのものだ。今日の準決でも、マークの村上義が、絡まれたとはいえ、千切れ気味になるようなパワー全開の走りを披露した。明日は@山口を従えてはいるが、中団確保さえできれば、後ろをあまり気にせず自分のタイミングで捲り返せれば、チャンスは自ずと広がってくるだろう。SS班1期生で連続SS班の記録がかかるF伏見の意地の突っ込み、Vなら賞金王も見えてくるB成田の自在戦、D武田の逃げ残りもそれぞれケアしたい。GP出場権のためなら、最後はラインも関係なくなるかもしれない大激戦のファイナルだ。

<本線予想> 2=6 2=5 2→9 2→3
<穴予想> 4=7 4=3 4→1 4→2

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60446427

この記事へのトラックバック