2012年11月03日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、一宮記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

レースは、B小倉竜二がSを決めてA佐藤友和とD園田匠を迎え入れる。周回中の並びは、佐藤−マークの園田−ライン3番手の小倉−F浅井康太−マークの愛知2車−別ラインの中部・近畿3車の順。レースが動いたのは赤板HS。C小嶋敬二が上昇して浅井を抑え、ジャン前BKでハナを切って先行態勢へ。佐藤が車を下げるも浅井に巻き返しのアクションはなく、佐藤は最終HSで4番手を難なく確保する。小嶋が先行で飛ばしていくところ、浅井は最終HSから捲り返しに出て、最終3角手前で前団を捉える。しかしライン3番手のG笠松信幸が千切れ、佐藤が割り込むように後捲りで追走する。佐藤は、小嶋番手のH加藤慎平のブロックをかいくぐると、追い付いた勢いで直線鋭く伸びてVゴールを駆け抜ける。2着には浅井番手の@山内卓也が確保し、3着には空いた中バンクを突っ込みハンドル投げで勝ったB小倉竜二が入る。

<結果・払戻金>
 2車単 A→@ 1620円
 3連単 A→@→B 10560円

速さと上手さを兼ね備えた走りを披露した佐藤が、熊本に続くGV連覇を果たしました。最終BKで浅井に先捲りを喰らいましたが、まさに「慌てず騒がず」空いた中部3番手を冷静に追いかけて、最後は直線でまとめて面倒見ました。春以降「体重が増え、それによって走りに粘りが出てきた」とのことですが、この日の俊敏さには目を見張るものがありました。今現在の時点でGPが行われるなら、優勝候補の筆頭に推されてもおかしくないデキの脚勢、と言っても過言ではありません。競輪祭を前に、取手・松阪とGV連戦が続きますが、今の状況ならいずれも優勝候補の筆頭に挙げられるでしょうし、結果を残してくれることを期待したいものです。
地元記念Vをゴール寸前で逃してしまった山内は、展開のアヤだったとはいえ、不運としか言い様がありません。浅井が早めの捲り上げを決めて優勝のチャンス十分でしたが、ライン3番手の笠松が切れてしまい、そこへ追い上げた佐藤を加藤がブロックしきれず、実質素通りを許してしまいました。番手捲り気味にもう少し早めに踏み込んでいればということも考えられますが、それはあくまでも結果論です。しかしこのレースに限って言えば、悔やんでも悔やみきれない結果となりました。レース後のコメントで「また一年しっかり練習してきます」と語っていたそうですが、こういった一世一代のチャンスをつかめるか否かも実力のうちですから、さらなる精進をしてまた大きな舞台に戻ってきて欲しいと思います。

さて今週の番組は、明日の大垣記念・最終日11R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへは、明日併売で行われる和歌山本場FU・初日11R「A級初日特選」と合わせて、夜9時頃アップの予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59715106

この記事へのトラックバック