2012年10月25日

【山本ディレクターの自腹出張日記】 京都向日町ふたたび 「ガールズケイリン」で、勝利の“女神”に会いに行く(その@)

わたくし山本が、直近に遠征した全国の競輪場を紹介する記事コンテンツ「山本ディレクターの自腹出張日記」。今回は、去る10月22日(月)に「ガールズケイリン」初日が行われた京都向日町競輪場への「自腹出張」リポートです。今回から3回シリーズでお送りします。

前回の向日町遠征から3週間が経ち、10月22日(月)、いよいよ近畿で初めてとなる「ガールズケイリン」開催を迎えました。当初の日程では、11月10日(土)〜12日(月)の奈良競輪FUが、近畿最初のガールズ開催だったんですが、急きょ向日町開催が組み込まれました。
噂によると、向日町に近畿最初の開催をさらわれたことに奈良競輪場の関係者はいたくお怒りだったそうですが、何はともあれ近畿地区にガールズ開催がやってきたことはファンの一人として嬉しい限りです。

ところがAM10:30から和歌山競輪場で簡単な打合せというスケジュールが入り、向日町行きを半ば諦めていました。が、そこは私の得意技「(無理やり)簡単に」打合せを終えて、AM10:50に和歌山競輪場をマイカーで出発しました。若干(?)飛ばし気味に車を走らせ、PM12:30頃、向日市市役所裏の駐車場に到着(早過ぎっ)。「今ならガールズ6Rの脚見せに間に合う」と思いながら、西入場門から競輪場の中に入ります。


京都向日町競輪場西入場門

向日町競輪場西入場門

西入場門は3コーナー奥に位置します。車で来場するファンにとっては、駐車場に近いことから東入場門よりもなじみのあるゲートでしょう。
歩を進めると、場内のざわつきが普段の平日FT開催に比べて多いように感じました。それもそのはずです。メインスタンドには、3週間前の記念競輪と変わらないぐらい大勢のファンがいました。


ファンの入りは記念並み

ファンの入りは記念並みの大賑わい

場内を歩いていると、知り合いや顔なじみに会うわ会うわ…。「山本さん、やっぱり見に来たんかぃ!」「なんや、アンタもかいな?」という会話をひとしきり楽しんでいる内に、6Rの車券の締切時間が迫ってきました。

6Rには早速、地元・京都の白井美早子が登場です。脚見せの段階から「白井〜、頑張れよ〜!」と大声援が送られていただけあって、車券は白井からが人気。しかし6場所中4場所優参の戸田みよ子(広島)からが一番人気でした。私も「力上位選手に逆らってはダメ」と感じて、取りガミ(車券に当たっても払い戻しが投資額を下回って損をすること)覚悟で、@白井流しとF戸田流しで勝負です。

13:00に発売窓口が締め切られ、近畿初のガールズレースとなる6Rの選手が敢闘門から入場してきました。

6Rのガールズ選手入場

6Rのガールズ選手達が入場

バンク脇に目を転じると二重三重のファンの姿が。直前の5R(男子のA級初日特選)よりもさらに多く、ファンの期待の高さが感じられました。そうする内に先頭誘導員が3コーナーをスタート。国際ルールに準拠した競技規則でのガールズケイリン、近畿最初のレースがスタートします。

6R発走直前

6R発走直前 緊張の一瞬

レースはD浦部郁里(千葉)がSを決めて正攻法に。序盤は、浦部−戸田−白井−B松尾智佳(愛媛)−E野口諭実可(群馬)−C岡村育子(埼玉)−A越田恵美子(石川)の順。ジャン前まで一本棒が続き、ジャンで誘導が強制待避すると3番手位置から白井が上昇します。

6R打鐘過ぎの攻防

6R ジャン過ぎ2センターの攻防

白井は地元ファンの大声援を受けて最終HS前からカマシ先行。後続を3車身ほど千切ります。正攻法だった浦部が白井を追いかけ、一旦浦部と外併走だった戸田は、車を下げて再度、浦部の後位に入り直します。セーフティーリードを得た白井がそのまま押し切るかと思われましたが、最終3角から踏み直した浦部がゴール前で白井を捉えて1着。2着に白井が粘り、浦部とともに直線踏み込んだ戸田が3着に流れ込みました。

最終3角までは「よしよし、これで頂きや!」と内心ほくそ笑んでいた私も、直線に入ってから白井が失速するのを見て「ヤバイ、後ろに食われる…」と大焦り。それもそうです。こんな車券を買っていたんですから…。


6Rは見事なウラでトホホ…

なんとまぁ、見事なウラで外れ…

戸田と白井からの流し車券しか買ってなかったのですから、悔しいのなんのって。でも悔しさを引きずっている訳にはいきません。次の7Rで取り返せばいいんですから(バカ)。


(そのAへ続く)
posted by wbs at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自腹出張日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59488703

この記事へのトラックバック