2012年10月20日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、熊本記念(GV)の2日目11R・優秀競走「火の鳥賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、A脇本雄太が前受けする意外な展開でスタートする。序盤の周回中の並びは、近畿2車−関東2車−単騎のF浅井康太−北日本2車−九州2車の順。赤板HS過ぎからG吉本卓仁が上昇して正攻法の脇本を抑えると、脇本はスンナリ車を下げる。吉本の動きをD佐藤友和、さらに@武田豊樹が追走し、脇本は最後方8番手まで下がる形になる。吉本は正攻法位置に躍り出るも、誘導との車間を切って流し、後方からの仕掛けを警戒する。吉本はジャン過ぎの2センターで誘導を交わして、一気に先行体勢へ持ち込む。しかし脇本も最終HSでカマシ気味にペースを上げると、吉本を叩いて最終1角から得意の先行勝負に出る。今度は脇本の仕掛けを見て、武田もHS捲りを敢行。しかし最終BKから3番手位置を確保していた吉本が、武田の捲りに併せて後捲り。しかし吉本の伸びもいま一つで、最終3角手前で脇本番手のH村上博幸に捌かれると、吉本を追いかける形で捲り上げていた武田も行き場を失ってしまう。そして最終2センターで武田を捌いた勢いそのままにスパートした、吉本マークのE中川誠一郎が直線伸びて1着になる。2着は村上が確保し、3着には空いた内をすくったB成田和也が突っ込みました。

<結果・払戻金>
 2車単 E→H 7980円
 3連単 E→H→B 51720円

地元記念に燃える中川が、直線ズバッと突っ込んで優秀戦を制しました。脇本の先行に敗れた吉本を巧く3番手に入れてやると、吉本が行ききれないと見るや、外で併走する武田を捌いて自慢の伸び脚を披露しました。ロンドン五輪直後は、いま一つの状態のように見えた中川でしたが、地元記念に懸ける意気込みが伝わってくるようなレースぶりでした。実際、翌日の準決を1着で突破して決勝に進んだ訳ですから、好調ぶりも“高値安定”といったところでしょうか。次回以降の走りにも期待を感じさせる走りでした。
武田は、吉本が邪魔になるという不運もありましたが、脇本に対するライバル心が十分垣間見えたようなこの日のレースでした。500バンクでありながら最終HSからカマシ先行を挑んだ脇本もすごいのですが、脇本の主導権取りを確認することなく、間髪入れずに捲り返しに出た武田もさすがだと思います。この日はたまたま武田に展開上の不運もあったため、脇本が先着して武田は大敗という形にはなりましたが、今後も2人の対戦は続きます。車券の勝ち負けや、両選手間の単純な先着・後着を度外視しても、脇本VS武田の対決を興味を持って見つめ続けたいと思います。

さて今週の番組は、先週に引き続いて「わかちゃんファンCLUB会報連動企画」として、7月に新しい選手会和歌山支部長に就いた池田智毅選手へのインタビュー・後篇をお送りします。なお、明日の千葉記念・最終日11R「S級決勝」の見どころ&ブログヘボヘボ予想は、夜8時半頃アップする予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59349036

この記事へのトラックバック