2012年10月13日

10/14 熊本記念GV・11R優秀競走「火の鳥賞」  予想

今週のブログ予想は、あす(14日)和歌山競輪場で場外発売が行われる熊本記念(GV)の2日目11R・優秀競走「火の鳥賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●熊本記念GV・2日目

《第11R S級優秀「火の鳥賞」》

本線 穴
◎ × 1 武田豊樹(茨城)
○   2 脇本雄太(福井)
☆ ◎ 3 成田和也(福島)
×   4 木暮安由(群馬)
  ▲ 5 佐藤友和(岩手)
    6 中川誠一郎(熊本)
  ☆ 7 浅井康太(三重)
    8 吉本卓仁(福岡)
▲ ○ 9 村上博幸(京都)

並び ←A9 G6 F @4 D3
※熊本競輪HPによる

細切れ戦で各ライン互角。「滑走路」と呼ばれる長い直線で最後は点と点の争いか。
メンバー構成からラインは比較的分かりやすく、4分戦+単騎1車に。F浅井も「単騎で」を選択した。
展開は、地元のE中川を従えるG吉本が意欲的に行くだろうも、A脇本が主導権取りを決めるだろう。そして前団がもつれる流れになれば、@武田がタイミングを図って捲り上げると見て、@武田を本命視する。前回の防府GVではあっせんが詰まっていたこともあってか、まさかの準決敗退を喰らった。今日の初日特選では、吉本卓の先行を7番手から捲り追い込んだものの3着に終わったが、負けてなお強しといった脚勢だった。明日は決勝に向けて、脇本雄の先行力をどれだけ追い詰められるかを試すレースになるだろうが、バンク相性の良い熊本バンクだけに、きっちりゴール前で捕らえてアタマ取りに成功すると見たい。対抗は、強力先行のA脇本。前回の前橋ASでは無念の落車(再乗7着)に終わった。それも渡邉一に先手を許したが故に、巻き込まれてしまった“もらい事故”だ。前検日のコメントで「体のバランスを崩しているかも」という心配もあったが、今日の初日特選ではジャンから早めにハナを切って3着に粘り込んで見せ、周囲の不安を払拭した。明日も主導権を奪いマイペース先行でアタマ勝負に持ち込むだろう。
穴軸はB成田。今年3月に当所で行われたダービーで優勝するなど、バンク相性は抜群。しかも前回の前橋ASでは山崎芳に続く準優勝を飾るなど、好調ぶりは相変わらずだ。明日はD佐藤に前を任せるが、武田より先に仕掛けて長い直線と持ち前のキレのあるスピードを活かして、ゴール寸前強襲というのを期待したい。脇本番手から突っ込むH村上、自在に動いて伸びてくるD佐藤、単騎で不気味なF浅井、印は回らなかったが九州勢の一発など、どこからでも狙える難解な優秀競走だ。

<本線予想> 1=2 1=9 1→4 1→3
<穴予想> 3=9 3=5 3→1 3→7

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59186359

この記事へのトラックバック