2012年10月08日

【山本ディレクターの自腹出張日記】 京都向日町GV「平安賞」で、フトコロに平安は訪れる?(そのC・最終回)

わたくし山本が、直近に遠征した全国の競輪場を紹介する記事コンテンツ「山本ディレクターの自腹出張日記」。今回は、去る10月1日(月)にGV「平安賞」最終日が行われた京都向日町競輪場への「自腹出張」リポートの最終回・そのCです。

さて9Rの車券を買って、バンク脇に戻りレースの発走を待ちます。バンク周辺の景色に目を移しますと、3コーナーの奥には選手宿舎と選手管理センターが建っています。

(左)選手宿舎 (右)選手管理センター

(左)選手宿舎 (右)選手管理センター・検車場

2003年の「ふるさとダービー京都向日町」(優勝は村上義弘)を目標に建てられただけあって、それぞれの施設はまだまだ新しいように見えました。そうしている内に、選手が敢闘門からバンクに姿を現しました。

敢闘門

敢闘門から9Rの選手が入場

9Rは、阿竹智史(90期・徳島)−中川誠一郎(85期・熊本)の西日本ラインが本線で、車券も中川アタマ流しや、石毛克幸(84期・千葉)などを絡めた4人BOXなどで勝負です。

ところが、結果は、中川1着・阿竹3着でそれはよかったものの、阿竹の捲りに切り替え追走した稲村好将(81期・群馬)が2着に突っ込み、教科書通りの抜け目で大ハズレ。

しかし10Rは、藤木裕(89期・京都)−稲垣裕之(86期・京都)−東口善朋(85期・和歌山)の近畿ラインがかなりしっかりしていると感じ、この3車BOXを分厚く入れました。
レースは、小松崎大地(99期・福島)の先行を、最終HS4番手から藤木が捲り上げる展開。しかし藤木の伸びはイマイチで、番手の佐々木雄一(83期・福島)に2度、3度とけん制を喰らいました。しかしなんとか藤木が1着で、並んだまんまの近畿ワン・ツー・スリー決着でした。

10Rを近畿本線で厚めにget!

10Rはまずまずの好配を厚めにget!

藤木アタマになったため、3連単は3040円の好配当。1万2000円ほどのプラスに転じました。
さて決勝は「村上兄弟ガンバレ」ムード漂う中、そこを押さえつつ長塚智広(81期・茨城)アタマ流しを軸に勝負です。プラス分に1万円ほど加えての大勝負です。

決勝戦発走直前

決勝戦発走直前

ハズレれば一気に収支はマイナスになってしまうことから、祈るように選手達を見つめます。
レースは、金子貴志がSを取り、青板BKでイン切り気味に最後方から荒井崇博が上昇。後方からの仕掛けがないまま、荒井は成り行き先行勝負に。しかし労せず3番手を確保した長塚が最終BKから捲り上げると、後方は捌き合いになり、最終3角で早くも先頭に立ちます。


決勝戦 最終2センターの攻防

京都向日町記念・決勝戦 最終2センターの攻防(またまた4コーナー審判塔で見にくくなっていますが…)
先行するC荒井を最終3コーナーでA長塚が捲りきる。後方がもつれるなか、荒井マークのD岩津が切り替え追走する


結局、長塚が追走する岩津を寄せ付けず、GV通算6回目の優勝を飾りました。2着には岩津、3着は村上義弘が確保しました。


表彰式

表彰式の長塚選手 後方には「決勝戦バンク内観戦」に参加したファンの姿も

長塚は「年末のグランプリ目指して一生懸命頑張ります」と今後の活躍を誓っていました。

さてレース終了後は、いつもは選手管理センター出入り口で“出待ち”をするんですが、今回は競輪仲間で奈良市在住のHさんから「山本さん、大阪の大正にとっておきの店があるんで付き合うてよ!」との一言が。「あんまり、ボクお酒飲めませんよ」とお断りを入れながらも喜んでOKし、Hさんの番手をマークして付いて行くことに。そこへ阪急電車で同じ車両に乗っていた、オリックスファンで広島競輪実況担当アナ・和田年弘氏が「京セラドームのオリックスvs楽天戦、見に行こうと思ってたんですが、ボクもライン参加していいですか?」との言葉が。断る理由もなく、むしろ大歓迎。3人でH氏の「とっておきの店」に行くことにしました。

そのお店は、JR大正駅を降りてすぐの「クラスノ」。

「クラスノ」入口

「クラスノ」入口


「クラスノ」のマッチ

「クラスノ」のマッチ

かつて南海和歌山市駅前にあった「世界一統」を彷彿させるレトロな店構え。店の中に張り出されているメニューは、目ん玉が飛び出るほどビックリする安さです。実際、お勘定の際、H氏が出した1万円札に対して、予想以上のお釣りが返されていましたから、ホンマ安いんです(Hさん、ごちそうさまでした!)。店内がサラリーマンであふれていたのも分かります。


打ち上げは、たらふく食べて飲んで…

打ち上げは、3人でよく食べ、よく飲みました

大ぶりのお刺身盛り合わせや串カツ、マグロの天ぷらなどをアテに、車券の成果や、H氏が偲んで止まない故・内田慶選手(87期・栃木、08年9/11一宮オールスターでの落車事故で死亡、享年31歳)の思い出、お互いが知っている競輪仲間の話や突撃電話などで盛り上がりました。
そうこうしている内に時間はカンバン(閉店)のPM9:30。「今度は11月の奈良ガールズケイリンか、来年2月の奈良記念で会いましょう!」と誓い合って、H氏・和田氏と天王寺駅で別れました。

すぐに電車が来るのかと思いきや、新今宮駅で線路内に人が入り込んだため電車が一時ストップした影響で、紀州路快速は定刻から遅れて、しかも満席。すぐに座れそうになかったため、特急券代を支払う覚悟で22:04発の「特急くろしお31号」を待つことにしました。
6分遅れで特急が入線し自由席に乗車すると、早速、今日の車券反省会です。

決勝戦は大ハズレ 「くろしお」車内で一人反省会

「特急くろしお」で一人反省会

どうです、見事な2着抜けでしょう(大泣)? 2着にD岩津を入れていれば、11万円余りの払い戻しで差し引き10万円のプラスでしたが、なかなかウマイこといきまへんわ。なんで岩津を2着に入れなかったのかという反省をしている内に、ウトウトと…。気が付いた時は和歌山駅に到着し、結論をまたもや先送りしたまま(それがアカンのやがな!?)、運転代行で帰宅しました。

京都向日町競輪場については、ここ数年、存廃問題などが取りざたされています。しかし存廃に揺れる競輪場がガールズケイリンの開催に手を上げることはありませんし、日本一の兄弟競輪選手・村上兄弟を筆頭に京都勢は戦力が充実しています。
近畿の中核の一つである京都向日町競輪場を、競輪ファンの一人として今後も注目し続け、可能な限り足を運びたいと思います。差し当たって、10月22日(月)のガールズケイリン初日にまた行ってみましょうかね? その時の様子も当ブログでリポートします(実際に行けばの話しですが…)。


★プレゼントのおしらせ

「自腹出張日記 京都向日町GV」篇を、最後までご覧頂きありがとうございました。ここで、向日町土産(にならないかもしれませんが…)をブログ愛読者の中から抽選でお一人にプレゼントします。

京都向日町競輪タオル(向日市商店会お買い物券500円分付き)

京都向日町競輪タオル

表彰式の時に長塚智広選手がスタンドに投げ入れた、京都向日町競輪場のオリジナルタオルです。向日市商店会のお買い物券500円分(有効期限:H25年3月末日)が付いています。

【必要事項】
○住所・氏名・年齢・電話番号
○番組「夕暮れわかちゃんCLUB」や当ブログに対するご意見・ご感想

【宛先】
○ハガキ…〒640−8577(住所不要)
      和歌山放送「夕暮れわかちゃんCLUB」ブログプレゼント係
○メール… keirin@wbs.co.jp (件名に「ブログプレゼント希望」と必ず記入)
      和歌山放送「夕暮れわかちゃんCLUB」ブログプレゼント係

【〆切】平成24年11月2日(金)必着

なお当選発表は、賞品の発送をもって代えさせて頂きます。皆様からのたくさんのご応募、お待ちしております。


(京都向日町の巻 おわり)
posted by wbs at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自腹出張日記
この記事へのコメント
自腹出張お疲れ様です。本日(9日)の岸和田もお疲れです。山本チャンの人気は薫さんを凌ぐ凄さですね!毎回感じます。色々と出張?すると自分の予定で行動できないのが目に浮かびます。
 ムラカミの人気は凄いし実力も凄いですね。男でも惚れますわ!今日の勝利者トークで話していましたが、「地元の記念は地元が死守する」って。明日は、大阪二人を引き連れて一成より先に発進しそうです。南の頑張りに期待ですね。
 また楽しい報告を楽しみにブログを覗かせていただきます。11月のバイチャまでに少し足を作り直したいと考えてます。
Posted by 岸和田オヤジ at 2012年10月08日 23:07
岸和田オヤジさんへ

いつもコメントありがとうございます。

「山本チャンの人気は薫さんを凌ぐ凄さですね!」
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ありがとうございます。でも、岸和田ガイダンスの主はあくまでも井上薫さんで、私は本来カウンターの中へ入ってはいけないんでしょうけど…(苦笑)。でも、競輪ファンの皆さんと語り合えるのは、仕事であるか否か関係なく、楽しいものです。薫さんがホワイトボードに注目選手名だけ書いていますが、私が組番予想まで書いているから、皆さん話しかけやすくなっているんでしょうかね。
明日は村上に期待&応援ですが、北日本勢も岡田も強いですよ。混戦になるかもしれませんね。前売り車券を握って、声援送ってやって下さい。
次の自腹出張日記は未定ですが、旅打ちするごとに、可能な限りUPしようと思います。また読んでやって下さい。
Posted by 山本D at 2012年10月09日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58779478

この記事へのトラックバック