2012年09月22日

9/23 防府記念GV・11R優秀競走「天神杯」 予想

今週のブログ予想は、あす(23日)和歌山競輪場で場外発売が行われる防府記念(GV)の2日目11R・優秀競走「天神杯」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●防府記念GV・2日目

《第11R S級優秀「天神杯」》

本線 穴
○ ○ 1 伏見俊昭(福島)
    2 山口富生(岐阜)
▲ ◎ 3 新田祐大(福島)
×   4 藤原憲征(新潟)
  ☆ 5 志智俊夫(岐阜)
    6 柴崎俊光(三重)
☆ ▲ 7 小倉竜二(徳島)
  × 8 濱田浩司(愛媛)
◎   9 武田豊樹(茨城)

並び ←H4 G7 B1 E25
※競輪解説者・井上薫氏の現地取材による

初日特選で強さを見せつけた「東の横綱」。他派の逆襲に対して、仁王立ち状態か。
並びは予想通りの4分戦。中部勢の並びもA山口が「柴崎マークで」とコメントし、D志智が3番手で落ち着いた。
展開は、各ラインの自力型が捲りを得意としている選手ばかりだが、H武田が腹を括って先手取りに出るか。武田が先行なら、今日と同様、後続を完封しそうで本命視できる。前回の前橋AS決勝では、木暮安の中突っ込みという勇み足でチャンスを逸してしまったが、捲り上げた一瞬のキレだけを見れば、限りなくVに近い存在だった。今日の初日特選では、小埜正の仕掛けを一気にカマシて、番手の藤原憲が千切れながらも追走するという“アシスト”を見せて、まんまと逃げ切った。明日も先手さえ取れれば、今日の再現も十分あろう。対抗は@伏見を指名。前回ASでは本人の予想以上の苦戦を強いられたが、決して脚勢は悪くなかったと思われる。今日の初日特選でも、早坂秀の捲りつぶれに乗って最後は自力にスイッチ。さすがのスピードを披露した。明日はB新田マークで今日以上に楽な流れになりそうだし、新田が主導権取りに成功すれば、アタマまで期待できそうだ。
穴軸はそのB新田を指名。今日の初日特選は単騎での戦いを強いられたが、前団のもつれに乗じて一気に直線強襲し、五輪出場後の初勝利を決めた。元々ライン戦になれば、多少犠牲的な先行もいとわない新田だけに、明日はマークが伏見だけに、早めの仕掛けで打倒武田に打って出るだろう。ただ、捲りに回ったときの爆発的なスピードも新田の持ち味だけに、位置取りさえ上手くいけばアタマ勝負も十分で、その時は高配も期待できそうだ。G濱田の仕掛けに乗って突っ込むF小倉、同様にE柴崎の捲りから直線強襲するA山口・D志智の岐阜両者にも注意が必要か。

<本線予想> 9=1 9=3 9→4 9→7
<穴予想> 3=1 3=7 3→8 3→5

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58438663

この記事へのトラックバック