2012年09月01日

9/2 青森記念GV・11R優秀競走「八甲田賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(2日)和歌山競輪場で場外発売が行われる青森記念(GV)の2日目11R・優秀競走「八甲田賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●青森記念GV・2日目

《第11R S級優秀「八甲田賞」》

本線 穴
▲ ○ 1 深谷知広(愛知)
◎   2 長塚智広(茨城)
☆ ▲ 3 新田康仁(静岡)
  ◎ 4 飯野祐太(福島)
    5 望月永悟(静岡)
  ☆ 6 坂本亮馬(福岡)
○   7 平原康多(埼玉)
  × 8 佐藤康紀(青森)
×   9 中村 淳(栃木)

並び ←F29 C8 @B5 E
※青森競輪HPによる

関東勢一歩リードだが、「西の横綱」含めて他派の反撃も。展開次第で乱戦の目も。
並びコメントは、関東が今日の初日特選と同様、F平原が「自力」とコメント。北日本コンビも今日と同じ並び。そしてB新田が「@深谷にマーク」と話し、静岡コンビが続くことになった。そして単騎になったE坂本が「単騎でも自力自在で」と話し、3分戦+単騎のライン構成となった。
最終主導権は、マークが他地区の@深谷よりも、ラインの長さを活かしたF平原が思い切り駆けて奪うか。となると今日の初日特選の再現となり、番手からA長塚が伸びて連勝を決めると見たい。5月宇都宮GVの優勝以降、親王牌の準Vも含めて順調な戦歴を重ねてきた長塚。4.25の大ギヤもやっと合ってきたのか、マーク戦の安定感も増してきたようだ。明日は、平原の積極駆けで番手の仕事さえきっちりできれば、関東上位独占も十分だ。対抗はそのF平原。前回の豊橋FTは腰痛で欠場だが、これはある意味「夏休み」を取ったものと考えたい。8月岸和田FTでは、親王牌の準決4着失格のショックを見せない、見事な完全優勝だった。今日の初日特選でも、高橋陽を泳がせて(わざと先行させて)軽く捲り去った。ズブズブは喰らったものの、さすがの脚勢で、今節の“打倒深谷”の筆頭候補を印象づけた。明日はカマシや捲り返しをされる前に、早めの仕掛けでアタマ勝負まで持ってこようか。
穴軸は、思い切ってC飯野を指名する。今日の初日特選では、深谷知を向こうに回してジャン先行すると、番手にはまりこむ展開にも恵まれて3着を確保した。その飯野もFTでは堂々のV候補だが、Gレースでは力不足を見せてしまい、なかなか優参が叶わない。しかし明日は着に関係なく気楽に走れるし、平原・深谷が仕掛けのタイミングを図り合う状態になれば、一気にカマシ先行に打って出てもよかろう。3着でも車券に絡めば高配必至だ。「勝てるレース」に徹した@深谷の強さは当然だが、その深谷マークから伸びるB新田の好調ぶり、体調不十分でもE坂本の頑張りにも無視はできない。

<本線予想> 2=7 2=1 2→9 2→3
<穴予想> 4=1 4=3 4→8 4→6

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57936710

この記事へのトラックバック