2012年09月01日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、富山記念(GV)の2日目11R・優秀競走「竣峰剱賞」のヘボヘボ予想でした。
号砲でE小岩大介が飛び出し、誘導員を追ってSを決めると、正攻法にD菅原晃を迎え入れる。周回中の位置取りは、大分2車−中部2車−近畿単騎のH村上義弘−村上マークの北日本2車−関東2車の順。レースは青板BKで動き始め、G池田勇人がじわりと上昇を見せると、これに併せて村上も踏み上げる。赤板HS(残り2周)で菅原を交わして先頭に立った村上は、スパートのタイミングを図る。その動きに呼応してF浅井康太が追走して、4番手外で菅原と併走。今度は最後方から池田が一気に踏み上げて行くも、ジャンから村上が完全先行態勢に入ると、池田は前に出られず、最終HSで失速・後退する。最終1センターから浅井が捲り返しに出ると、マークする@山口幸二が離れ気味になり、内併走の菅原が山口を捌いて切り替え追走する。結局、浅井が後方を5車身千切って圧勝。2着には切り替え追走の菅原が入り、3着には菅原マークからE小岩大介が中割り気味に突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 F→D 2820円
 3連単 F→D→E 11450円

浅井の巧みな動きが印象に残ったレースでした。浅井は村上がハナを切った時点で、敢えて前を叩かず中団併走策。村上もマークが他地区(北日本)ではありますが、ラインができている以上、最低限の仕事として主導権取りを意識するはず。難なく中団確保すると、村上に“追い出し”をかけてワザと先行させるように持って行きました。そして捲り上げのスピードは超一流。村上番手の佐藤慎が素通りさせてしまうぐらいの速さでした。さすがSS班のスピードですね。結局このシリーズでは決勝5着でGV4連覇はなりませんでしたが、連日の走りはシリーズ主役級の期待に違わぬものだったと思います。

さて今週の番組は、明日の青森記念2日目11R・優秀競走「八甲田賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへのアップは、夜8時半頃の予定です。
またいつもお願いしておりますが、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57890941

この記事へのトラックバック