2012年07月28日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、久留米記念(GV)の2日目11R・優秀競走「B級グルメの聖地(まち) 久留米賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲とともに、B浅井康太が飛び出してSを取る。周回中の並びは、中部2車−関東・南関4車−九州2車−ライン3番手のC大槻寛徳の順。レースが動いたのは青板3角(残り2周半)。A吉本卓仁が上昇を見せると、これを阻まんと@岡田征陽も併せて出ようとする。岡田は赤板HS過ぎに先頭に立つも、吉本がジャン前BKから踏み上げてハナに立つ。岡田は吉本を送り出して4番手を確保。吉本が最終HS前の4角からペースアップしていくところ、8番手位置から浅井が捲り返しに出ようとするが、中団4番手で岡田と内外併走する。しかし浅井はこれにも構わず、最終BKからスパートすると、浅井マークのE坂上忠克がH長塚智広に捌かれ、空いた浅井の番手に岡田が切り替えて追走する。浅井は吉本番手のG安東宏高のブロックをかいくぐり、最終2センター手前で先頭に躍り出る。直線に入ると、岡田が浅井後位から早めの差し込みに入り、そのまま1着でゴールイン。2着には岡田追走の長塚、3着には長塚追走のD中村浩士が流れ込んでライン上位独占を決める。

<結果・払戻金>
 2車単 @→H 1550円
 3連単 @→H→D 4650円

関東2車のスピードとレース巧者ぶりが際立った優秀競走でした。勝った岡田は、浅井の捲り返しにも動じず内併走で耐え、切り替え追走から早めの差し切りという見事な走りでした。しかも、捲った浅井を4着に沈めたのですから、着順に関係のない優秀競走とはいえ、完勝といっても過言ではないでしょう。さらにそこには、坂上をどかして岡田を入れてやるという、長塚が見せた巧みなチームプレーも見逃せません。見事な関東ライン上位独占でした。

さて今週の番組は「山本ディレクターの競輪トピックス ロンドンオリンピックスペシャル」として、ロンドンオリンピックの自転車トラック競技についてお話しします。なお明日の福井記念2日目・11R優秀競走「福ノ井賞」の見どころ&ヘボヘボブログ予想へのアップは夜8時半頃の予定です。また先週はブログ予想のアップが遅くなりまして、申し訳ございませんでした。
そして、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57183162

この記事へのトラックバック