2012年07月21日

7/22 久留米記念GV・11R優秀競走「B級グルメの聖地(まち) 久留米賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(22日)和歌山競輪場で場外発売が行われる久留米記念(GV)の2日目11R・優秀競走「B級グルメの聖地(まち) 久留米賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●久留米記念GV・2日目

《第11R S級優秀「B級グルメの聖地(まち) 久留米賞」》

本線 穴
○ ▲ 1 岡田征陽(東京)
☆ ◎ 2 吉本卓仁(福岡)
▲ ○ 3 浅井康太(三重)
    4 大槻寛徳(宮城)
× ☆ 5 中村浩士(千葉)
    6 坂上忠克(石川)
    7 渡邉晴智(静岡)
  × 8 安東宏高(大分)
◎   9 長塚智広(茨城)

並び ←A84 @H57 B6
※「KEIRIN.JP STREAM」翌日開催情報による

関東2車に南関マーク勢も加担して4人ラインに。ただ地元勢・中部勢も黙ってない。
ラインは変則3分戦。関東2車は、今日の初日特選と同じく@岡田−H長塚の順。そこへD中村が「関東3番手から」とコメントしたことで、東日本4人ラインとなった。C大槻は「九州へ」と話し、九州3番手を回るようだ。展開は、実質先行一車となったA吉本の積極駆けを、@岡田やB浅井が捲るという流れになりそうだ。南関2車の切り替えがなければ、ラインの長さを活かして@岡田が自分のタイミングで捲り返し、そこを番手のH長塚が交わす形になりそうで、長塚を本命に据える。前回の弥彦親王牌では惜しくも準Vに終わったが、3角からの捲り上げた動き・スピードはさすがのものだった。明日は岡田任せになるが、岡田が捲り不発になっても、奥の手の自力発動で直線突っ込んでくるか。対抗はその@岡田。前回は立川4日制FTで決勝2着と存在感を見せつけたが、今日の初日特選でもHSからの先捲りで、持ち味のダッシュを活かしたスピードを披露した。明日も今日と同様の展開が見込めそうだし、中団確保のための捌きはお手のものだ。捲るタイミングによっては、押し切りも十分だ。
穴軸はA吉本を指名。前回の平塚FTではH1Gと、初日特選・決勝とも京都勢にいいようにしてやられた。今回は地元記念に燃えるだけあって、今日の初日特選では、快調に飛ばす岡田征をひと捲りして見せた。明日は先行の可能性が高いが、番手マークするG安東のガードで、逃げ切りも十分あろう。タイミングを図っての捲りならB浅井も力五分だし、南関のD中村・F渡邉の突っ込みも押さえておかなければならないだろう。

<本線予想> 9=1 9=3 9→5 9→2
<穴予想> 2=3 2=1 2→8 2→5

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57167559

この記事へのトラックバック